様々なテクニカル指標 ADX

実践!オシレーターの活用法

前回はオシレーターの説明に終始いたしました。
今回は、実際にトレンド系のテクニカル指標とオシレーター系のテクニカル指標をチャート画面に同時に表示させて、どのようにトレードに活用するのかを解説いたします。

早速ですが、図①ドル円日足のチャートをご覧ください。

図①-実際のチャート図で御覧ください

緑色の枠は前回に説明しましたとおり、ローソク足と移動平均線(MA25、MA75)が接触していないことを示しています。
今回は、ローソク足チャートの下部にADXを表示させております。
なおADXの設定は、一般的に使われている参考するローソク足14本です。

ADXが30の位置に紫線を引いておりますが、ADXが30以上のときトレンドが強いということができます。

実際のトレード活用事例

では、実際にどのようにトレードに活用していくのかをご説明いたしましょう。
オシレーターを使ってトレードをするときに一番大事なことは、ADXがこの数値になったからエントリーする、ADXがあの数値になったからイグジットする、という使い方はしないということです。
それがトレンド系テクニカル指標と違うことです。
図②のチャートをご覧ください。

図②-実際のチャート図で御覧ください

地点Aは、ADXが30に到達した箇所です。
ADXが増加し30に近づいてきたら、トレンドフォロー型のトレードをするためにエントリーの用意をします。
そして、地点BをピークにADXの値が減少しはじめていますので、イグジットの用意をします。

オシレーター活用の本質とは

このようにオシレーター系指標は、トレンドフォロー型のトレーディングプランをするべき状況になっているのか、なっていないのかを確認するためだけに使うのです。
ですので、具体的なエントリーポイントは、トレンド系指標を用いて判断していきます。
再度、図②をご覧ください。

図②-実際のチャート図で御覧ください

地点Cでは、ADXの数値が増加を始めた地点ですのでエントリー用意、地点Dでは数値が減少し始めた地点ですのでイグジット用意です。最後に、地点EではADXが30を割り込みましたので、トレンドフォロー型のプランによるトレードは、一旦終了となります。
以上がオシレーター系テクニカル指標ADXの一般的な使用スタイルです。
このようにトレンド系指標と合わせて使用することで、トレンドフォロー型のプランに適した状況なのかどうかを知ることができ、トレンドがない時の無駄なトレードを排除することができるのです。

The following two tabs change content below.
助ジロウ

助ジロウ

〇FX歴15年 〇テクニカル分析の知識が豊富 〇知人以外には教えていない独自分析がある

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. このパターンは多くの方が知っていると思いますが、実際にトレードで使っていますか? このパターン…
  2. このローソク足の組み合わせパターンも強力です。 メインの手法と組み合わせて積極的に取り入れてみ…
  3. 重要な節目近くで特に有効なローソク足のパターンをご紹介します。 これは応用するとかなり使えるパ…
  4. 次に天井といえばこれが有名ですよね。 ローソクの組み合わせではこちらも有名 このパターン…
  5. ローソク足の分析でFXでも通用すると思われるパターンをご紹介いたします。 まずは天井を示唆する…
  6. [su_heading style="flat-blue" size="22"]小陰線[/su_he…
  7. [su_heading style="flat-blue" size="22"]小陽線[/su_he…
  8. [su_heading style="flat-blue" size="22"]大陰線[/su_he…
  9. テクニカルの基本であるローソク足について解説してみたいと思います。 まずはローソク足単体での類…
  10. トレードは自由です…。 あらゆる制限を越えて向き合うことが出来ます。 ただし制限のない怖…

トレーダーのご紹介

FX教材ランキング

自動ラインツールで使えるのは?

ピックアップ記事

  1. トレードは自由です…。 あらゆる制限を越えて向き合うことが出来ます。 ただし制限のない怖…
  2. 使用方法を考える
    各ラインツールを比較してきましたが、実際に効率よく使用するにはいくつかのポイントがあるようです。 …
  3. 移動平均線についての考え方
    ご存知の方も多いと思いますがラリー・ウイリアムズという有名なトレーダーがいます。 彼がマーケッで勝…
  4. 遅行線はオシレーター的な性格を持ち合わせている  前回に続き、一目均衡表「遅行線」の活用法の解…
  5. 移動平均線で利益は出せるのか 移動平均線は、ローソク足についでトレーダーに用いられていることの多い…
ページ上部へ戻る