ダブルボリンジャーバンドの活用法

トレンドとレンジの見分けるために

ボリンジャーバンドの解説は助ジロウさんの記事で詳しく説明してあるので是非ご覧下さい。
ボリンジャーバンドはトレンドラインを見つけるのにとても有効ですが、FXの値動きは比較的に幅広いので、通常のボリンジャーバンドではトレンドとレンジの見分けがしにくいという難点があります。
そこでおすすめするのがダブルボリンジャーバンドの活用です。

ダブルボリンジャーバンドの活用

通常のボリンジャーバンドは±2標準偏差と25本移動平均線を使用しますが、ダブルボリンジャーバンドはそれに±1標準偏差を追加したものになります。±1標準偏差を追加することにより、レンジとトレンドの見分けがしやすくなります。
実際にチャートで見てみましょう。

実際のチャート図で御覧ください


青い線が±2標準偏差で、白い線がダブルボリンジャー特有の±1標準偏差です。
±1標準偏差が加わったことで、±2標準偏差に触れる前の値動きの分析がしやすくなります。一見トレンドに見える動きも、±1標準偏差との関わりが薄い場合はレンジの可能性が高いです。

まとめ

通常のボリンジャーバンドに加えてトレンドラインを意識したトレードをしてみるのはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
Chip

Chip

〇FX機関トレーダー(管理資産約10億ドル) 〇アラサー女性 〇アメリカ在住10年目 〇高度なファンダメンタル分析を得意としている

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. このパターンは多くの方が知っていると思いますが、実際にトレードで使っていますか? このパターン…
  2. このローソク足の組み合わせパターンも強力です。 メインの手法と組み合わせて積極的に取り入れてみ…
  3. 重要な節目近くで特に有効なローソク足のパターンをご紹介します。 これは応用するとかなり使えるパ…
  4. 次に天井といえばこれが有名ですよね。 ローソクの組み合わせではこちらも有名 このパターン…
  5. ローソク足の分析でFXでも通用すると思われるパターンをご紹介いたします。 まずは天井を示唆する…
  6. [su_heading style="flat-blue" size="22"]小陰線[/su_he…
  7. [su_heading style="flat-blue" size="22"]小陽線[/su_he…
  8. [su_heading style="flat-blue" size="22"]大陰線[/su_he…
  9. テクニカルの基本であるローソク足について解説してみたいと思います。 まずはローソク足単体での類…
  10. トレードは自由です…。 あらゆる制限を越えて向き合うことが出来ます。 ただし制限のない怖…

トレーダーのご紹介

FX教材ランキング

自動ラインツールで使えるのは?

ピックアップ記事

  1. 2つのターゲット設定で手堅く勝つ 今回のシリーズではリスク管理の視点から、どのように損失を最低…
  2. 分析方法の比較
    トレードの中でも株式投資でトレードしている人ほどファンダメンタルズを重要視する傾向があるといわれてい…
  3. 雲の表示は実践でどう影響するの? 「転換線、基準線を表示させたチャート」と「転換線、基準線に先行ス…
  4. MACDとは MACDとはトレンド系テクニカル手法の一つで、2本の移動平均線を使ってラインの傾きや…
  5. [su_heading style="flat-blue" size="22"]小陰線[/su_he…
ページ上部へ戻る