Home / ローソク足分析 /

実践FXでのローソク足分析(小陽線)

実践FXでのローソク足分析(小陽線)

なかまる
by なかまる
小陽線
基本の型
2014-07-28 10-51-02
小さな陽線なのであまり重要視はされませんが、連続すると大陽線が出現することが割とあります。

ヒゲの上下の長さや実体の大きさによって解釈が変わります。

下影陽線
2014-07-28 12-22-59
下ヒゲの長さが実体と上ヒゲよりも大きい小陽線のことです。

上昇への期待を感じる足といえます。

陽のコマ
2014-07-28 10-51-30
上下のヒゲが長くて実体の短い小陽線のことです。

上下のヒゲが示唆している通り気迷いの足といえます。

上影陽線
2014-07-28 10-53-49
上ヒゲの長さが実体と下ヒゲよりも大きい小陽線のことです。

上昇中であれば注意が必要で、調整を示唆しているといえます。

陽のカラカサ
2014-07-28 10-54-57
上ヒゲのなく下ヒゲの長い小陽線のことです。

安値圏でも高値圏でも反転する可能性を示唆する足といえます。

小陽線の実例サンプル
2014-07-28 16-06-12

2014-07-28 16-03-06

Share this article

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です