心理学者が投資家と比較される理由とは

心理の面からの意見になります。

素人的には、投資家は心理学者と相反するイメージがありませんか?

比較されている印象をお持ちのトレーダーさんいませんでしょうか?

確かに、お互いに考え方は表裏一体って、イメージもしますよね?

また、お互いがお互いの立場でそれぞれが有効に機能する為には、双方の考察はお互いに必要でありそうな印象もありませんか?

素人目線では、心理学者と投資家は相反するもの理解されているかも知れないとも感じました。ですが、実はとても相通じる側面がある事から、双方は比較されているのです。

そもそも投資家とは、資産を増やす為に専門的な知識が求められるイメージありませんか?ですが、心理学者はテクニックよりも物事に対して考察する力が求められるでしょう。

テクニックとは、そもそも成功すればラッキーであり、失敗すると残念ですが、結果だけを見る事なかれです。実は、相当共に実は美徳であると表現する事が出来るのです。

結果に行きつく迄の道筋が重要であると考えるからです。

多くのトレーダーは、本当の意味では分析を利用していない?

自身のトレーダー心理というものが既に探究されているのです。

その探究心の鍛錬の結果が、成功と失敗に分かれるとも感じます。

価格の予想というものそのものが、実はまだまだ未知なる学問の域であり、まだまだ学問として形成されているとも言えない側面もあるでしょう。多くの投資家の中には、複雑なテクニックを構築し、経済のトレンド予想を実現している方もおり、マーケットは混乱しております。

投資事情も、日進月歩で進化している昨今ですが、今だ経済予想は未発達であり、投資家達もまだまだ日々勉強を強いられる現状と言えるでしょう。

投資家達のこうした現状は、心理学者やメンタルの世界にも言えるのです。

精神科医や心理学者といった人の心理を探究する必要がある職務とは、未だこれが正解であるといえる領域にまで達していないと言えるでしょう。

いえ、今後将来的にも心理学者や精神科医に求められる手腕とは、際限がなく未発達が継続する世界であるとも理解する事が出来そうです。

この様に、お互いに未発達傾向が顕著な領域ですから、より探求心が増すと捉える事も出来そうです。未発達という事は、置き換えるとそれだけ未知数の可能性がある領域であると理解する事も出来そうですね!

直感トレーダーについて心理学視点で考えてみた

FXのトレードについても、直感で勝負すると言う事は、非常に危険であると言えるでしょう。

直感とは、実にぶれやすいものであるからです。

なぜ直感は、ぶれやすいかと言いますと?直感というものは、直感が働いた時の感情が結果に大きく関係してくるからです。

ですから、感情でトレードする事よりも、理性で勝負する方が結果が付いて来ることでしょう。そこで、投資の一般論からも、直感勝負は行う事無かれ。投資の一般論をまさ基礎から紐解いて行く事が、最終的にぶれない軸のしっかりとしたトレード実現するに結ぶ付くと実感しています。

FXのマーケット分析から考えても、直感は実はカテゴリーとして分類して考察される事があります。直感とは?テクニック等の事を言いません。

直感で勝負する事は、そもそもがカテゴリーに分類するに値する事ではありません。

直感とは、テクニックを一切必要としません。 テクニックとは、確かに賛否両論があるものであり、成功すれば確かにラッキーであり非常に有益と化す事でしょうが、失敗すればそれは無益であり、その代償も大きいものとなるでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

FX教材ランキング
ラインツール比較

自動ラインツールで使えるのは?

ページ上部へ戻る