Home / メンタル /

心理学者はファンダメンタル分析派?テクニカル分析派?

心理学者はファンダメンタル分析派?テクニカル分析派?

初心者トレーダー香
by 初心者トレーダー香
Comments are off for this post.

この問題を語る前に、ファンダメンタル分析について今一度復習します。

ファンダメンタル分析は、国レベルでは経済成長や金融政策、財政状況の事を指します。

そのため、長期投資家ほどファンダメンタル分析を好みます。

さて、ファンダメンタル分析とフロイトに顕著な伝統的心理学者は、互いに類似していると理解出来るのですが・・・

どいうった点が、類似しているのでしょうか?

伝統的な心理学者は、人間の心の奥に内在しているものについて、研究している事があります。その具体例としては・・・。

人間が取る行動やあらゆる不安とは何が原因であるか?

どういった動機があって、人はそうした行動をとるのか?等

伝統的な心理学者が探究する内在心理的考察とは?

トレードにおける価格の変動を探究し追究するファンダメンタル分析を実は同じ方向性を意味すると理解する事が出来るでしょう。

行動心理学者はテクニカル分析派?

行動心理学とは?行動心理学に影響を与えた人物をご存知でしょうか?

「パブロフの犬」で有名なイワン・パブロフです。彼は、条件反射の研究で著名になりました。また、エドワード・ソーンダイクは試行錯誤の学習から行動心理学に影響を与えた人物となります。

行動心理学とは?人間の行動を観察する事で、人間心理を研究する学問です。

正確には、「行動主義心理学」と呼称されています。近年は、簡素になり「行動心理学」と、呼ばれる様になりましたね。

人間の心理や心の中に内在している事って、科学的証明が不能ですから行動を科学的に研究・観察する事を目的としています。従って、多くの批判があった事も事実ですが、心理学に大きな貢献をしたという事になります。

昨今では、実に明快な科学的データも完成してきた事から、心理学の世界でも説得力がある学問として称えられる迄になりました。ですが、行動心理学者の多くは、行動とは”遺伝と環境の両因子の組み合わせで起こる”と検証しています。現代社会の考察としては自由意志が評価される考え方が多い為、行動心理学は古く偏った考察であるとの見解になってきました。

科学的な実験のデータから日常生活や仕事に応用できる、有用な学問と理解する事も出来るでしょう。

行動心理学者が注目している状況について考察していきましょう!

・現在問題となっている行動そのものは?いったいどの位の期間続いているの?
・ある行動は?環境を変化させるなどの操作をすると見解は異なるか?
・問題となるある行動をとる前後、どういった行動が起きているか?
・問題となるある行動が起きる頻度とは?

こういった事に着目しているのです。
実に行動心理学者とは、ハイレベルなテクニカルな手法を駆使していると言えるでしょう。

必要な情報に対して、実に高いテクニックを採用する努力をしているのです。その理由は、明確な答えや兆候を手にする為であり、見極めようとしているとも表現する事が出来るでしょう。

伝統的心理学者とは反対で、行動心理学者とはテクニシャンと共に、その行動は外に向けて行われる事に着目する必要があると言えるのです。

Share this article

Comments are closed.