Home / リスク管理 /

これを読めば安心!資金管理の実践方法

荒廃の地

これを読めば安心!資金管理の実践方法

タク
by タク
Comments are off for this post.

FXで勝つために必要な3つの要素があります。

資金管理
です。

これらはどれかひとつでも欠けていてはいけません。

今回は3つのうちの一つ、「リスク管理」についてみていきます。

ちなみに常勝トレーダーは、必ずリスク管理を行っています。

リスク管理には

・資金管理
・サーバー落ちリスク
・通貨リスク

などの項目がありますが、今回はその中でも一番大事な「資金管理」についてみていきます。

FXにおける資金管理とは、「損を限定する」ことです。

つまり資金に対してどれくらい損(リスク)を受け入れるか、ということです。

パーセントで表示するとわかりやすくなります。

今の総資金を100%として、1トレードに何%リスクを取るか決めます。

例えば、25%のリスクを取った場合、4連続損切りにかかると破産してしまいます。

25%はリスクを取りすぎだと言えます。

それでは最適なリスク上限はどのくらいなのでしょうか?

資金管理をするうえでおすすめのリスク上限は「2%」です。

つまり、どんな手法でも1トレードのリスクは最大2%しかとらないようにします。

これを「2%ルール」と言います。

資金が100万円の場合、2万円以上損が出ないようにするということです。

そのためには、適切なストップの設定をしなければなりません。

ここでは、2通りのストップ方法を紹介します。

テクニカルストップ

エントリーの根拠がなくなってしまう位置に損切りを置く方法です。

資金管理
米ドル円のチャートです。

トレンドラインのブレイクでエントリーしました。

ストップは直近の安値に置きます。

この時、エントリー位置からストップまで10pipsでした。

ここから、ストップにかかったときに総資金の2%に収まるようにlotを調整します。

資金100万円を例に説明します。

100万円×2%=??lot×10.0pips

この計算から、最大20lotまでエントリーできることがわかります。

マネーストップ

ストップを置く節がない、または分割エントリーを前提としてストップを置く方法です。

資金管理

総資金の2%が減ったところで損切りします。

分割エントリーの場合、エントリーするたびにlotが増えるので、だんだん価格とストップの幅が小さくなります。

Lotが大きすぎるとすぐにストップにかかってしまうので、ストップ幅とのバランスを見ながらエントリーしてください。

まとめ

どんなに優れた手法を持ち、どんなに強靭なメンタルを持っていても、資金管理ができなければ必ず破産の道を辿ります。

勝つことへの視点も大事ですが、リスク管理は重要です。

FXで常勝するために、2%ルールを覚えてしっかりと資金管理をしましょう。

Share this article

Comments are closed.