熟練トレーダーになるための思考法 必要とする道具

トレーダーのツール選び

勝つために必須!テクニカル指標の本質

これまでにいくつかのテクニカル指標をご紹介してまいりました。
どの指標も中途半端な理解にとどまれば、せっかく利益を出すために使用しているはずなのに、損失を垂れ流し続けるだけの無駄なものになってしまいます。
ゆえに、その本質を理解することが大事なことです。
ご自身のトレードスタイルとトレーディングプランがしっかりマッチさせることで、どのテクニカル指標も力強い味方となってくれることでしょう。

ではここで、図①と図②を見比べてみて、どちらのチャートが売買の判断がしやすいか考えてみてください。

図①-実際のチャート図で御覧ください
ベテラン トレーダーになるため
図②-実際のチャート図で御覧ください
ベテラン トレーダーへの道
どちらもユーロドル5分足のチャートです。
図①は、トレンド系指標として移動平均線(MA25、MA75)と一目均衡表(先行スパン1、2)、オシレーター系指標としてADXを表示させています。
対して図②は、トレンド系として移動平均線(MA5、MA25、MA75)と一目均衡表(転換線、基準線、先行スパン1、2、遅行スパン)とσバンド(-3σ~+3σ)、オシレーター系としてADXとMACDを表示させました。

トレーディングプランのコツ

図①で使用しているテクニカル指標からは、例えばこのようなプランを立てられるでしょう。
MA75を抜き、かつ雲を抜けて終了したローソク足(緑の枠)に注目して仕掛けを、MA25を抜き終了したローソク足(オレンジの枠)に注目して手じまいをするなどです。
反対に、図②はどうでしょうか?
情報が多すぎるため、どこで仕掛け、どこで手じまいすべきか、具体的に判断するのは容易ではありません。

ツールはシンプルに削ぎ落とすと良い

トレードするためのツールは多ければよい、というものではないのです。
つまり、いくつかの手法を習熟するだけで良いのです。
使用するツールを正しく解釈して、できるだけ限られた情報の中でトレードすることこそが、効率的なマーケットプレイヤーとして成功するための近道です。
知識やトレーディングツールは力となりますが、それは正しい知識を持っている場合に限られるのです。
最高のトレーダーは、ミニマリストです。
トレンド系は多くて2つ、オシレーター系は多くて1つ、安定的に機能する手法を考え、ひたすらその手法を繰り返すことが重要になります。

The following two tabs change content below.
助ジロウ

助ジロウ

〇FX歴15年 〇テクニカル分析の知識が豊富 〇知人以外には教えていない独自分析がある

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. このパターンは多くの方が知っていると思いますが、実際にトレードで使っていますか? このパターン…
  2. このローソク足の組み合わせパターンも強力です。 メインの手法と組み合わせて積極的に取り入れてみ…
  3. 重要な節目近くで特に有効なローソク足のパターンをご紹介します。 これは応用するとかなり使えるパ…
  4. 次に天井といえばこれが有名ですよね。 ローソクの組み合わせではこちらも有名 このパターン…
  5. ローソク足の分析でFXでも通用すると思われるパターンをご紹介いたします。 まずは天井を示唆する…
  6. [su_heading style="flat-blue" size="22"]小陰線[/su_he…
  7. [su_heading style="flat-blue" size="22"]小陽線[/su_he…
  8. [su_heading style="flat-blue" size="22"]大陰線[/su_he…
  9. テクニカルの基本であるローソク足について解説してみたいと思います。 まずはローソク足単体での類…
  10. トレードは自由です…。 あらゆる制限を越えて向き合うことが出来ます。 ただし制限のない怖…

トレーダーのご紹介

FX教材ランキング

自動ラインツールで使えるのは?

ピックアップ記事

  1. ボリンジャーバンドを実践で活用する方法 ボリンジャーバンドとは、の項目において、最後にご説明しまし…
  2. チャートのイメージ画像
    自動で引かれるトレンドラインのツールを1時間足と5分足で比較してみました。 参考記事⇒自動トレ…
  3. さあ、久々のブログ更新です。 そしてブログ作成時に感じる不思議な違和感はなんなのでしょう…… 以前と…
  4. チャートの向こう側から監視されている・・・ ポジションを持った途端にチャートは逆行。 …
  5. トレードのロジックはシンプルでも十分なのか? 前回の「その1」では、一目均衡表の基準線、転換線…
ページ上部へ戻る