トレードに対する心構え トレードに必要な資金 その1

資金管理の考え方

株式や為替のポジションを保有するためには、資金が必要になります。当然のことすぎて、そんなことはわかっていると言われてしまいそうです。

しかし、その資金、副業トレーダーであれ専業トレーダーであれ、実際にいかほどの資金を要するものなのでしょうか?

今回は、トレードのための当初資金や運転資金について解説いたします。

まずは当初資金について。以下のような場合で想定してみましょう。

トレードの種類は「FX」通貨ペアは「ドル円」レバレッジは「25倍」を選択するとします。

1ドル112.500円ならば、証拠金は1枚(10,000ドル)あたり45,000円が必要です。

10枚でトレードするなら、45万円ですね。

ということは、10枚でトレードしつづけたい場合、45万円用意すればいい、というように考えた方。

残念、0点です。

5連敗は普通にある

なぜ0点なのでしょうか?

それは、トレードで負けることやその他の要因(円安ドル高になった場合、1枚当たりに必要な証拠金が増えるなど)を考慮していないからです。

長くトレードをしていると、5連勝することもあれば、逆に5連敗することもあります。

トレードを買いか売りかの二択(勝率は5割と仮定)として単純に考えた場合、5連勝するとき、5連敗するとき共に32度に1度、生じることになります。

これは何千何万回とトレードをしていれば、わりと遭遇することです。

不運なことにその5連敗が最初のトレーディングで出会ってしまうことも十分にあるのです。

これについての詳しい内容は、今後「ドローダウン」の項目で解説させていただこうと思います。

資金の増減を考慮する

最後に、図①をご覧ください。

図①-実際のチャート図で御覧ください
FXチャート

資金が減少する時と増加する時、その増減割合を示した図です。

100万円の資金を投入しトレードした場合、30万円減らして70万円になったら損失割合は30%です。

大事なのはここからです。

この70万円を100万円にするためには、約43%もの利益を出さなくてはならないのです。

増減は同じ30万円ですが、投入資金が増減している状態でトレードすることは、このようなリスクを抱えるのです。

これが、1トレードあたり45万円のトレードをするとき、その額だけ用意するのは0点である理由です。

トレード未経験者ならば、なおのことこの点には気をつけなければなりません。

では、このような状況を回避するためには、どうすべきでしょうか?

次回の項目では、安定してトレードをするための運転資金について解説いたします。

The following two tabs change content below.
助ジロウ

助ジロウ

〇FX歴15年 〇テクニカル分析の知識が豊富 〇知人以外には教えていない独自分析がある

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. このパターンは多くの方が知っていると思いますが、実際にトレードで使っていますか? このパターン…
  2. このローソク足の組み合わせパターンも強力です。 メインの手法と組み合わせて積極的に取り入れてみ…
  3. 重要な節目近くで特に有効なローソク足のパターンをご紹介します。 これは応用するとかなり使えるパ…
  4. 次に天井といえばこれが有名ですよね。 ローソクの組み合わせではこちらも有名 このパターン…
  5. ローソク足の分析でFXでも通用すると思われるパターンをご紹介いたします。 まずは天井を示唆する…
  6. [su_heading style="flat-blue" size="22"]小陰線[/su_he…
  7. [su_heading style="flat-blue" size="22"]小陽線[/su_he…
  8. [su_heading style="flat-blue" size="22"]大陰線[/su_he…
  9. テクニカルの基本であるローソク足について解説してみたいと思います。 まずはローソク足単体での類…
  10. トレードは自由です…。 あらゆる制限を越えて向き合うことが出来ます。 ただし制限のない怖…

トレーダーのご紹介

FX教材ランキング

自動ラインツールで使えるのは?

ピックアップ記事

  1. チャートのイメージ画像
    自動で引かれるトレンドラインのツールを1時間足と5分足で比較してみました。 参考記事⇒自動トレ…
  2. 手法対決ブレイク編の結果を発表したいと思います。 前回より少し時間が空いてしまいましたので、 …
  3. 今回は「実践で使える手法はどれだ!」をテーマに トレンド分析手法対決をいたします。(´∀`)ワクワ…
  4. 実践で使えるテクニカル分析を考える 今回は使えるテクニカル分析方法について探ってみたいと思います。…
  5. 短期のトレーダーに多いと思うのですが、チャンスを見逃すまいと出来る限りチャートをにらめっこしているこ…
ページ上部へ戻る