Home / リスク管理 /

トレードに対する心構え トレードに必要な資金 その1

トレードに対する心構え トレードに必要な資金 その1

助ジロウ
by 助ジロウ
Comments are off for this post.

資金管理の考え方

株式や為替のポジションを保有するためには、資金が必要になります。当然のことすぎて、そんなことはわかっていると言われてしまいそうです。

しかし、その資金、副業トレーダーであれ専業トレーダーであれ、実際にいかほどの資金を要するものなのでしょうか?

今回は、トレードのための当初資金や運転資金について解説いたします。

まずは当初資金について。以下のような場合で想定してみましょう。

トレードの種類は「FX」通貨ペアは「ドル円」レバレッジは「25倍」を選択するとします。

1ドル112.500円ならば、証拠金は1枚(10,000ドル)あたり45,000円が必要です。

10枚でトレードするなら、45万円ですね。

ということは、10枚でトレードしつづけたい場合、45万円用意すればいい、というように考えた方。

残念、0点です。

5連敗は普通にある

なぜ0点なのでしょうか?

それは、トレードで負けることやその他の要因(円安ドル高になった場合、1枚当たりに必要な証拠金が増えるなど)を考慮していないからです。

長くトレードをしていると、5連勝することもあれば、逆に5連敗することもあります。

トレードを買いか売りかの二択(勝率は5割と仮定)として単純に考えた場合、5連勝するとき、5連敗するとき共に32度に1度、生じることになります。

これは何千何万回とトレードをしていれば、わりと遭遇することです。

不運なことにその5連敗が最初のトレーディングで出会ってしまうことも十分にあるのです。

これについての詳しい内容は、今後「ドローダウン」の項目で解説させていただこうと思います。

資金の増減を考慮する

最後に、図①をご覧ください。

図①-実際のチャート図で御覧ください
FXチャート

資金が減少する時と増加する時、その増減割合を示した図です。

100万円の資金を投入しトレードした場合、30万円減らして70万円になったら損失割合は30%です。

大事なのはここからです。

この70万円を100万円にするためには、約43%もの利益を出さなくてはならないのです。

増減は同じ30万円ですが、投入資金が増減している状態でトレードすることは、このようなリスクを抱えるのです。

これが、1トレードあたり45万円のトレードをするとき、その額だけ用意するのは0点である理由です。

トレード未経験者ならば、なおのことこの点には気をつけなければなりません。

では、このような状況を回避するためには、どうすべきでしょうか?

次回の項目では、安定してトレードをするための運転資金について解説いたします。

Share this article

Comments are closed.