頭と尻尾はくれてやれの意味

最近では当たり前のように取引は電子化されていますが、それによって大きく変わったのが個人投資家が大幅に増えたことですよね。

本屋の書棚にはFXのコーナーが大きくなった事も感じますが、とにかくネット上でのブログやサイトがここ数年でものすごく増えたように思います。

実際に元ディーラーの方たちの本などによりますと、今から30年ほど前の外為市場は銀行系のディーラー同士による勝敗がチャートを動かしていた側面があったようです。

ディーラー同士の勝敗に大きく影響していたのが、輸出企業(実需)などからの注文を抱えているのかいないのかが大きいそうです。

例えば実需からの注文を持たないディーラーは、マーケットから格好の餌食になってしまうので持っているフリをしたり、実需を持っているつながりのあるディーラーと結託したりして対抗したそうです。

以上のことが示唆しているとおり、たとえ参加者の比率が変化しようとも我々個人投資家の戦略は大きく動かしているプレイヤーには逆らわないことですよね。

つまり相場の格言である「頭と尻尾はくれてやれ」というのは大口のプレイヤーに逆らわないのが得策だよと言っているようにも思いますよね。

The following two tabs change content below.
なかまる

なかまる

〇FX歴8年 〇20代前半に起業 〇ユニークな視点から相場を語る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. このパターンは多くの方が知っていると思いますが、実際にトレードで使っていますか? このパターン…
  2. このローソク足の組み合わせパターンも強力です。 メインの手法と組み合わせて積極的に取り入れてみ…
  3. 重要な節目近くで特に有効なローソク足のパターンをご紹介します。 これは応用するとかなり使えるパ…
  4. 次に天井といえばこれが有名ですよね。 ローソクの組み合わせではこちらも有名 このパターン…
  5. ローソク足の分析でFXでも通用すると思われるパターンをご紹介いたします。 まずは天井を示唆する…
  6. [su_heading style="flat-blue" size="22"]小陰線[/su_he…
  7. [su_heading style="flat-blue" size="22"]小陽線[/su_he…
  8. [su_heading style="flat-blue" size="22"]大陰線[/su_he…
  9. テクニカルの基本であるローソク足について解説してみたいと思います。 まずはローソク足単体での類…
  10. トレードは自由です…。 あらゆる制限を越えて向き合うことが出来ます。 ただし制限のない怖…

トレーダーのご紹介

FX教材ランキング

自動ラインツールで使えるのは?

ピックアップ記事

  1. 独立反対派の住民
    スコットランドの独立問題でポンドの動きを観察してみたいと思います。 早ければ日本時間で本日19…
  2. 相場の4局面 トレードの成否に不可欠な認識があります。 当たり前のようですが、 現在の…
  3. 2つのターゲット設定で手堅く勝つ 今回のシリーズではリスク管理の視点から、どのように損失を最低…
  4. 実践!オシレーターの活用法 前回はオシレーターの説明に終始いたしました。 今回は、実際にトレンド…
  5. 分析方法の比較
    トレードの中でも株式投資でトレードしている人ほどファンダメンタルズを重要視する傾向があるといわれてい…
ページ上部へ戻る