Home / テクニカル分析の基本 /

実践で使えるテクニカル分析  続き

実践で使えるテクニカル分析  続き

なかまる
by なかまる
Comments are off for this post.
使えるテクニカル分析の続き
前回はテクニカル分析の優劣を独断で解釈してみました。
本当にいろいろな方法がありすぎると思いませんか?

そこが楽しくなってしまうと、本来の目的とは違った方向へ進みます。(ー_ー)
まあ、そのような領域を楽しみたい方は、意外と多いのではないでしょうか?
あまり大きな声では言えませんが、管理人もそのような時期がありました。(笑)

でも実際に必要なのは……
FXをはじめた本来の目的を見失っていませんか?
なんとなく稼げそうだとはじめたFXも、いつしか趣味の領域になっているのでは…

もちろんトレードするのは楽しくもあるので、間違いとは言えないのかもしれませんが。
本当に趣味の領域で満足しているのならこれ以上は申しません。

ただし本気で勝つためには、今までとは違う視点が必要かもしれません。

と、ここで動画をご覧ください…
実践で必要な視点をもう一度考え直してみる

さてさて、話を元に戻します。
どの分析方法ではなく、どのような視点で分析するのかに着目しました。
過去に注目するのか、現在なのか、それとも未来へ注目するのか……

しかし結論はどれも重要である、ということでしたね。(+_+)
なんだか腑に落ちない感じもあります。
でもテクニカル分析の方法だけを、どれほど学んでも勝てない原因はそこにあるのだと思います。

まずは視点を身につけることが重要だと思います。
テクニカル分析はそのあとですね。

整理すると
過去のチャートパターンに注目すると、現在の状態がわかります。
そして現在の状態で、どのように反応するかを確かめる。
そこが優良なエントリーポイントであります。

そして未来の抵抗帯を探る視点がエグジットにつながります。
未来の抵抗帯や折り返しそうなポイントを割り出します。
そのためにテクニカル分析を活用しましょう。

気になる無料のプログラムとは?
動画でご紹介いたしました、プログラムの詳細は以下よりご覧ください。

banner_big_47

条件付ではありますが、かなりサプライズになっています。

なかなかFXで勝てない方には、大きな転換点になるかもしれません。
実践でうまくいかない理由は知識が不足しているからではありません。

勝てない理由は学習方法に問題があります

実際に勝てない理由の多くは学習方法に問題があるように思います。
やみくもに勝つための手法を求めても、そこにあるのはむなしい努力だけかもしれません。

そのような方の解決策としてご活用いただけると思います。
よろしければご参加お待ちしております。

と、今回はご案内の記事で終わります。(^_^;

Share this article

Comments are closed.