トレードの環境を整備してビジネスに!

トレードをビジネスとして成立させるには?
そのために、どうしたらよいのか?

多くの場合見落としがちな、トレード環境を含めて考えてみたいと思います。

おそらくトレード環境については、あまり語られていない分野のように思いますので、活用できるところもあるかと思います。∩`・◇・)ハイッ!!

実際にトレードを行っている環境と聞くと、チャートのセッティングであったり、ハードウェアの環境であったり想像するかもしれませんが、よく考えてみてください。

例えば何かをしようと思ったときに、直感ですぐに出来る行動と、計画して手順を踏まないと実行が困難なものがありますよね。
あなたが「今すぐ沖縄へ旅行に行きたい!」と、思ったとしても、仕事のスケジュールも確認しないといけないし、一緒に行きたい相手の都合などあらゆる確認が必要になると思います。

トレードを難しくしている問題点は、誰でもすぐにトレードが可能になったこと。
おそらく口座開設の時だけが、多少の煩わしさを感じたでしょうけど、その後はいつでも画面のボタンを押すだけの状態になります。

これはよく考えてみると何も知らずにジャングルに足を踏み入れた途端に、底なし沼にはまってしまう人を量産することになっているのでは……

よくよく想像していただくと、少し問題があるように感じませんか?

もちろん多少の知識を吸収してからのことでしょうけども、いきなりプロが戦う戦場へ素人が無防備で飛び込むのは、やがて大きく厳しい状態に突入することでしょう。<(゚ロ゚;)>ノォオオオオオ!!

そこで必要な装備を身につけるため、あなたのガイド役としての情報をしばらくはお届けしたいと思っています。
まずは装備といっても何があるのか全体像をお伝えいたします。

トレードに必要と思われる装備は言い出せば切がないところですが、問題の解決というのは、問題を発見することが先です。

まずもっとも問題となるのはトレードへの取り組む姿勢についてですね。
多くの場合、手法に目を奪われがちですが、どれほど多くの手法を学んだところで、取り組む姿勢に問題があるようでしたら、まったくの無意味なことです。

例えば、喫茶店で何気なくBGMが流れていても、ほとんど無関心ですよね。
そこで、あなたのお気に入りの曲が耳に入ってきたらどうでしょう?

心の視点は一気に音楽へ集中すると思うのです。

何気なくトレードが稼げそうだと思っていても、トレード自体をBGMのように薄い関心で向かい合っているなら問題があります。
勝敗や、損した得したという結果ばかり気にしているよりも、トレードそのものへ関心をむけるのがポイントに思います。

トレードスタイルを自分にフィットさせること!

時間がないのに時間を必要としているトレードスタイルを選択していては、うまくいきません。
トレード手法ばかりに目を向けられがちですが、自分にあった手法を選択することのほうが、実はもっと大事なことだと思いませんか?
忙しいさなかで、チャートをちら目でスキャルピングなどを行っても良い成果を得られることは、まず難しいと言えるでしょう。

最近ではスマホでトレードを行う方も多いようです。

以前のことですが、たまたま通りがかった美容院へお世話になったときのことです。
その美容院はたまたまオーナーの方がお一人でした。
そして丁寧な対応にも好感がもてました。
ところが、ちょくちょくと手を休めてはスマホをちらちらと見ていることに気がつきました。
さすがにオーナーも説明しないときまづく思えのでしょう。
オーナー 「最近FXやっているんですよね。けっこう面白いですよ。でも、ちょくちょくチェックしないといけないもんですいません」
私 「へぇー、スマホでFXですか…」
オーナー 「えぇ、結構お小遣い稼ぎには良いですよ」
…と、FXを知らないふりをして話を聞いていましたが、その時感じた違和感のようなものは今思い返しても違和感を感じます。
カジュアルなFX……
まあ、よく考えてみると、それは最高の娯楽として存在してもおかしくないです。
いつでも好きなときにスマホを取り出して、お金を稼げるように感じる…
それが可能であればドラえもんのポケットのようなものです。
まあ、魔性の領域に魅了されているのでしょう。―(T_T)→ グサッ!!!

 

トレードを行う際の物理的な環境は?
実際のチャートの設定からハードウェアの領域まで、どこまでがビジネスとして必要になるのか、詳しくは今後の記事で掘り下げてみたいと思います。

デイトレードやスキャルピングを行う方であれば、チャートを見ながら心のどこかで、何かを改善しなくては…と、感じているのではないでしょうか?

例えばもう少しチャートに集中する必要性を感じていて、その原因をわかってはいるけど何となく放置しているようなことなどありませんか?

これは習慣化するまでのプロセスと似たようなものだと思います。

ついついやろうと思いつつ先延ばしにするような感じだと思います。
代表的なのは身の回りの整理整頓です。
トレードを行う際にも散らかったような環境の中でおこなうのは、あまり良い影響とはいえないと思います。
チャートに集中するにも視界には、いつも気になることがあるのですから。
なるべくトレードしやすい空間を作ることは大切です。
どこまで時間や労力、そのための予算を作るのか見極めることは必要です。

少し簡単な概要説明なりましたが、次回からは詳しく掘り下げてみましょう!

The following two tabs change content below.
なかまる

なかまる

〇FX歴8年 〇20代前半に起業 〇ユニークな視点から相場を語る
コメントは利用できません。

FX教材ランキング
ラインツール比較

自動ラインツールで使えるのは?

ページ上部へ戻る