Home / トレンドライン /

トレンドラインでブレイクを見極める

トレンドラインでブレイクを見極める

助ジロウ
by 助ジロウ
Comments are off for this post.

トレンドラインによる決済対応

トレンドフォロー型のトレードをするにあたり、資金を積み上げていくためには、トレンドに沿って売買しなければならないことは、今までにも述べたとおりです。
トレンドは継続する性質があるのですが、当然のことながら一方向にだけ動き続けることはありません。
相場においてトレンドはやがて終息し、いずれ反転いたします。
詳細については、ブレイクアウトの項目にてご説明させていただきますので、今回はブレイク時の対応、またダマシの対応について、解説させていただきます。

では、図①ユーロドル30分足をご覧ください。

図①-実際のチャート図で御覧ください

図①では、1ユーロ1.17550ドルと1.17700ドルとの間にレンジが形成されています。
その後、ローソク足Aが完全にレンジを抜け切ったことを確認したところで、1.17775ドルで買いのポジションです。
トレンドラインは、レンジ下限の1ユーロ1.17550ドルを折り返したオレンジの円を起点に、やはり下から上への折り返しであるオレンジの円を結ぶことで形成されていると判断できます。
こうして上昇トレンドを確認することができましたが、1ユーロ1.18000ドルを越えた付近からトレンドの勢いが弱まり、ローソク足Bで先ほど引いたトレンドラインを完全にブレイクしたことが確認できました。

大きな損失発生!それは決済の迷いでは?

ここで手じまいですが、そうしなかった場合どうなるでしょうか?
予想してみてください。
図①から9時間経過した後のチャート図②です。

図②-実際のチャート図で御覧ください

買いポジションを持った1ユーロ1.17775ドルを割り込み、1ユーロ1.16400ドルの値まで下落しました。
このように、トレンドブレイク後の反転により利益がなくなるどころか、大きな損失を生んでしまう場合もあるのです。
最後に、図③ユーロドル日足です。
図③-実際のチャート図で御覧ください

下への折り返しのグリーンの円を結び、下降トレンドが形成されています。

トレンドラインでダマシ?ローソク足に注目!

ここで注目すべきはローソク足Pです。
ローソク足Pは一時ですが、1ユーロ1.13000ドルの価格をつけています。
騙しの典型的な例ともいえるチャートですが、トレンドラインに触れたら手じまいするというトレーディングプランでトレードしていたのなら、問題ないことです。
しかし、ローソク足が確定してからトレードするプランを立てていたにもかかわらず確定する前に慌てて手じまいする、またプランに反して仕込んでいた売りのポジションを手じまいした後、買いのポジションへ慌ててドテンしてしまうと、大きな額の損切りを余儀なくされてしまうということになるのです。

Share this article

Comments are closed.