移動平均線は優秀なの?

移動平均線で利益は出せるのか

移動平均線は、ローソク足についでトレーダーに用いられていることの多いテクニカル指標です。

単純でわかりやすいという点では非常に優秀です。

もちろんローソク足だけが表示されているチャートでトレードして、利益をあげている方もいらっしゃいます。

ご自身のトレードスタイルに合わせて、ご自身が最もわかりやすい方法なら採用するテクニカル指標は極端に少なくても十分に利益を出すことはできるのです。

特殊な才能なく使える

以前、株取引でローソク足すらも出さずに価格だけを見て売買している方をお見かけしたことがあります。

その方の取引している銘柄の過去の高値や安値が頭に入っている、という驚愕すべき記憶力の持ち主の方でした。

常人にはこの手法で取引するのは、確実に不可能でしょう。

ですので、常人は常人らしくトレードをする必要があります。

移動平均線は採用している人が多いから優秀というわけではないのですが、他の多数のトレーダーたちが常時使用しているテクニカル指標は常人にとっては確認しなければならないものなのです。

 

具体的な価格を知ることが出来る

 

移動平均線を表示させることで、誰にでも注目すべき具体的な価格を知ることができます。

 

図①-実際のチャート図で御覧ください

ドル円5分足のチャートです。

図のオレンジの矢印に注目していただきたいのですが、16:45のローソク足の陰線です。このローソク足の終値が、25本移動平均線(青の移動平均線)を初めて下に割り込みました。

これ以降20:00に安値をつけるまで、40pips円高方向のトレンドが形成されています。

移動平均線というのは、定められた本数のなかでの平均の価格を表しています。

つまり、移動平均線よりも上の価格で売買されているときは、売りよりも買いの方が多いということができるのです。

移動平均線よりも下の価格で売買されているときは、その逆です。

言いかえると、移動平均線の価格で売買されている状態とは、定められた区間のなかでちょうど売りと買いが拮抗しているという状態を言います。

さて、先ほどのオレンジの矢印をもう一度確認してみましょう。

このローソク足が25本移動平均線を割り込んで以降、ある程度の揉み合いはありますが3時間のあいだ下がり続けています。

移動平均線を用いているからこそ、売りと買いのバランスに変化があったことがわかるといえる典型的な例といえるでしょう。

The following two tabs change content below.
助ジロウ

助ジロウ

〇FX歴15年 〇テクニカル分析の知識が豊富 〇知人以外には教えていない独自分析がある

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. このパターンは多くの方が知っていると思いますが、実際にトレードで使っていますか? このパターン…
  2. このローソク足の組み合わせパターンも強力です。 メインの手法と組み合わせて積極的に取り入れてみ…
  3. 重要な節目近くで特に有効なローソク足のパターンをご紹介します。 これは応用するとかなり使えるパ…
  4. 次に天井といえばこれが有名ですよね。 ローソクの組み合わせではこちらも有名 このパターン…
  5. ローソク足の分析でFXでも通用すると思われるパターンをご紹介いたします。 まずは天井を示唆する…
  6. [su_heading style="flat-blue" size="22"]小陰線[/su_he…
  7. [su_heading style="flat-blue" size="22"]小陽線[/su_he…
  8. [su_heading style="flat-blue" size="22"]大陰線[/su_he…
  9. テクニカルの基本であるローソク足について解説してみたいと思います。 まずはローソク足単体での類…
  10. トレードは自由です…。 あらゆる制限を越えて向き合うことが出来ます。 ただし制限のない怖…

トレーダーのご紹介

FX教材ランキング

自動ラインツールで使えるのは?

ピックアップ記事

  1. ボリンジャーバンドを実践で活用する方法 ボリンジャーバンドとは、の項目において、最後にご説明しまし…
  2. 最近よく耳にすることでリスクについて気になったので記事にします。 リスクは嫌い!と直感的に感じ…
  3. トレンドラインによる決済対応 トレンドフォロー型のトレードをするにあたり、資金を積み上げていくため…
  4. 管理人のなかまるです。 今回のお題では、まだトレードスタイルの固ま…
  5. 資金管理の考え方 株式や為替のポジションを保有するためには、資金が必要になります。当然のことすぎて…
ページ上部へ戻る