自動トレンドラインツールを比較する

トレンドを表した画像

今回はトレンドラインを自動で引いてくれるインジケーターをご紹介いたします。

調べてみると特徴のあるインジケーターがけっこうありますね。

実践でどれほどつかえるのか興味がありますよね。

ただし初心者の方は手動で引く事に慣れてからにしたほうが無難です。

やはり自動で引かれるラインのみを頼っていると、ラインの信憑性や解釈する実力が向上しないからです。

それでは無料のインジケーターのいくつかをご紹介いたします。

1 Trendlinesday  (シンプルにトレンドラインを引いてくれます)

2 SHI_Channel_Fast  (チャネルラインのように描画されます)

3 zigzag_ws_chanel_r (ZigZagを利用したトレンドラインを引きます)

4 00-lineman_v103  (いろいろと多機能なようです)

5 ind-wso+wro+trendline  (かなり多種なラインを引きますね)

それぞれが特徴のあるインジケーターですが、実践で使えなくてはただの面白いツールで終わりです。
インジケーターのダウンロード
ドル円の1時間足チャートで比較
まずは素のチャートです
MT4のチャート

実際に手動でトレンドラインを引くとしたらどこに引きますか?
トレンドラインの実例

いろいろと引き方の流儀はありますが、なかまるならこの2本を引きます。

Trendlinesdayで引いた場合
MT4チャートの画像

チャネルラインのように上下に引かれましたが、微妙なところが基点のポイントですよね。

SHI_Channel_Fastで引いた場合
チャートでトレンドライン実例

縮小してみると基点となるポイントが微妙なところでした。
チャネルラインを意識していない方は以外に多いので、そんな方には良いかと思いましたがいまいちですね。

zigzag_ws_chanel_rで引いた場合
MT4チャートの画像
うーん、これは実践向きではないように思いますね。

00-lineman_v103で引いた場合
トレンドラインの画像
これは良いですね。
実践むきで良いところにラインを引いていますね。

ind-wso+wro+trendlineで引いた場合
トレンドラインの画像

うわっ、これはチャートがすごいことになっていますね。
このチャートを見る限りではちょっと実践で使うには使いにくい感じがします。

今回の1時間足チャートで見る限りは00-lineman_v103がダントツで良かったです。
自動でここまで引いてくれると実践でも活躍してくれそうです。

シンプルなTrendlinesdayも良いけれど微妙にもう少しな感じでしたね。

もう少し自動トレンドラインツールの5分足も比較してみたいと思うので次回はこの続きを記事にします。

The following two tabs change content below.
なかまる

なかまる

〇FX歴8年 〇20代前半に起業 〇ユニークな視点から相場を語る

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. このパターンは多くの方が知っていると思いますが、実際にトレードで使っていますか? このパターン…
  2. このローソク足の組み合わせパターンも強力です。 メインの手法と組み合わせて積極的に取り入れてみ…
  3. 重要な節目近くで特に有効なローソク足のパターンをご紹介します。 これは応用するとかなり使えるパ…
  4. 次に天井といえばこれが有名ですよね。 ローソクの組み合わせではこちらも有名 このパターン…
  5. ローソク足の分析でFXでも通用すると思われるパターンをご紹介いたします。 まずは天井を示唆する…
  6. [su_heading style="flat-blue" size="22"]小陰線[/su_he…
  7. [su_heading style="flat-blue" size="22"]小陽線[/su_he…
  8. [su_heading style="flat-blue" size="22"]大陰線[/su_he…
  9. テクニカルの基本であるローソク足について解説してみたいと思います。 まずはローソク足単体での類…
  10. トレードは自由です…。 あらゆる制限を越えて向き合うことが出来ます。 ただし制限のない怖…

トレーダーのご紹介

FX教材ランキング

自動ラインツールで使えるのは?

ピックアップ記事

  1.  トレーダーの性格によりスタイルは違う 移動平均線のおすすめ使用方法の項目で、具体的にどの地点でポ…
  2. 今回は押しと戻りのポイントを解説してみます。 前回のブレイクアウトに関してはシンプルで 分かりやす…
  3. 比較した結果
    前回の比較で感じたことからお話してみます。 前回の記事をご覧になっていない方は下記からどうぞ。…
  4. 今回は「実践で使える手法はどれだ!」をテーマに トレンド分析手法対決をいたします。(´∀`)ワクワ…
  5. 荒廃から希望
    負け続け病のレベル3とはどんな状態なのか解説いたします。 次第に負けるプロセスに陥って感情が理…
ページ上部へ戻る