Home / トレンドライン /

自動トレンドラインツールを比較する

トレンドを表した画像

自動トレンドラインツールを比較する

なかまる
by なかまる

今回はトレンドラインを自動で引いてくれるインジケーターをご紹介いたします。

調べてみると特徴のあるインジケーターがけっこうありますね。

実践でどれほどつかえるのか興味がありますよね。

ただし初心者の方は手動で引く事に慣れてからにしたほうが無難です。

やはり自動で引かれるラインのみを頼っていると、ラインの信憑性や解釈する実力が向上しないからです。

それでは無料のインジケーターのいくつかをご紹介いたします。

1 Trendlinesday  (シンプルにトレンドラインを引いてくれます)

2 SHI_Channel_Fast  (チャネルラインのように描画されます)

3 zigzag_ws_chanel_r (ZigZagを利用したトレンドラインを引きます)

4 00-lineman_v103  (いろいろと多機能なようです)

5 ind-wso+wro+trendline  (かなり多種なラインを引きますね)

それぞれが特徴のあるインジケーターですが、実践で使えなくてはただの面白いツールで終わりです。
インジケーターのダウンロード
ドル円の1時間足チャートで比較
まずは素のチャートです
MT4のチャート

実際に手動でトレンドラインを引くとしたらどこに引きますか?
トレンドラインの実例

いろいろと引き方の流儀はありますが、なかまるならこの2本を引きます。

Trendlinesdayで引いた場合
MT4チャートの画像

チャネルラインのように上下に引かれましたが、微妙なところが基点のポイントですよね。

SHI_Channel_Fastで引いた場合
チャートでトレンドライン実例

縮小してみると基点となるポイントが微妙なところでした。
チャネルラインを意識していない方は以外に多いので、そんな方には良いかと思いましたがいまいちですね。

zigzag_ws_chanel_rで引いた場合
MT4チャートの画像
うーん、これは実践向きではないように思いますね。

00-lineman_v103で引いた場合
トレンドラインの画像
これは良いですね。
実践むきで良いところにラインを引いていますね。

ind-wso+wro+trendlineで引いた場合
トレンドラインの画像

うわっ、これはチャートがすごいことになっていますね。
このチャートを見る限りではちょっと実践で使うには使いにくい感じがします。

今回の1時間足チャートで見る限りは00-lineman_v103がダントツで良かったです。
自動でここまで引いてくれると実践でも活躍してくれそうです。

シンプルなTrendlinesdayも良いけれど微妙にもう少しな感じでしたね。

もう少し自動トレンドラインツールの5分足も比較してみたいと思うので次回はこの続きを記事にします。

Share this article

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です