さらに各種ラインツールを動画検証①

チャートのイメージ画像

自動で引かれるトレンドラインのツールを1時間足と5分足で比較してみました。

参考記事⇒自動トレンドラインツールを比較する
参考記事⇒自動トレンドラインツールを比較した結果

今回比較しているインジケーターは下記の5つです。

1 Trendlinesday  (シンプルなラインツール)

2 SHI_Channel_Fast  (チャネルライン系ツール)

3 zigzag_ws_chanel_r (ZigZag+トレンドライン)

4 00-lineman_v103  (ラインマンさん作成)

5 ind-wso+wro+trendline  (水平線+斜め線=ごちゃ系?)

インジケーターのダウンロード

それぞれに特徴のあるインジケーターを選定いたしましたが、今回の比較検証はラインの精度をポイントにしています。

やはりラインの精度なしには実践で役に立ちませんからね。

そうして比較してみると「ライン系のインジはずいぶんと優劣がはっきりしているなぁ」と感じました。

それぞれどのポイントで計算しているのかによって「おぉぉ…」と感心したり、「なんだこれゃぁ…」と呆然とするラインが現れます。

しかし波形によっては優秀と思いはじめていたツールが「使えねぇ…」となったり、その逆も然りでこれはまだまだ検証してみないとわからないというのが、今のところの感想です。

そこで、比較検証の続きは動画でまとめてみました。

長くなるのでまずは検証動画のパート1をお届けいたします。(´∀`)ワクワク

これを見ると波形によってやはり一長一短のところもありますよね。

まあ、無料のツールでここまで選定のできる最近の環境は恵まれていると思いますけどね。

それでは有料のツールはどうなんだ…と言われると確かに気になるところですが…。

例えばゴールデンスパイダーFXの記事でも紹介しましたが、販売ページの写真を見る限りでは、とても優秀に見えますよね。

参考記事⇒ゴールデンスパイダーFXの実用度は?

はたして有料と無料の距離はどの程度あるのだろうか?

あるいは実際はたいして変わらないのだろうか???

…と、気になりますが検証するかは未定です。ガ━━∑(´・ω・|||)━━ン

とにかく無料対決の決着が先なのだぁぁぁ…。m(・ω・m)ソーリィ

続きの記事はこちらから
関連動画⇒さらに各種ラインツールを動画検証②

The following two tabs change content below.
なかまる

なかまる

〇FX歴8年 〇20代前半に起業 〇ユニークな視点から相場を語る

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. このパターンは多くの方が知っていると思いますが、実際にトレードで使っていますか? このパターン…
  2. このローソク足の組み合わせパターンも強力です。 メインの手法と組み合わせて積極的に取り入れてみ…
  3. 重要な節目近くで特に有効なローソク足のパターンをご紹介します。 これは応用するとかなり使えるパ…
  4. 次に天井といえばこれが有名ですよね。 ローソクの組み合わせではこちらも有名 このパターン…
  5. ローソク足の分析でFXでも通用すると思われるパターンをご紹介いたします。 まずは天井を示唆する…
  6. [su_heading style="flat-blue" size="22"]小陰線[/su_he…
  7. [su_heading style="flat-blue" size="22"]小陽線[/su_he…
  8. [su_heading style="flat-blue" size="22"]大陰線[/su_he…
  9. テクニカルの基本であるローソク足について解説してみたいと思います。 まずはローソク足単体での類…
  10. トレードは自由です…。 あらゆる制限を越えて向き合うことが出来ます。 ただし制限のない怖…

トレーダーのご紹介

FX教材ランキング

自動ラインツールで使えるのは?

ピックアップ記事

  1. トレードのロジックはシンプルでも十分なのか? 前回の「その1」では、一目均衡表の基準線、転換線…
  2. トレーダーのツール選び
    勝つために必須!テクニカル指標の本質 これまでにいくつかのテクニカル指標をご紹介してまいりました。…
  3. たとえすぐれて優秀な分析能力があったとしても、自身の心理をコントロールできなければ、決してうまくいか…
  4. 今回は「実践で使える手法はどれだ!」をテーマに トレンド分析手法対決をいたします。(´∀`)ワクワ…
  5. 前回に引き続き分析手法の対決を行ないます。 思いつきの企画なのでルールもかなりアバウト なのが特…
ページ上部へ戻る