本質的アプローチを選択する理由

最近ではコンピューターの普及によってマーケットが変化したと耳にしますが、本当でしょうか。

確かにスプレッドや手数料などのコストは安くなり、注文はボタンひとつで出来るようになりました。

究極は自動売買のプログラムによってもたらされるマーケットインパクトなどでしょう。

しかし実際の本質的なことはあまり変わってはいないようです。

例えばトレーダーの勝敗率は依然として20対80に近いようですし、30年前のチャートと比較しても特徴的なパターン(ダブルトップなど)はほとんど変わらないようです。

よく言われる「人間の性質が変わらない限りはマーケットに変化はありえない」のは真実なのかもしれません。

そう考えるとマーケットへの有効なアプローチも依然として変わらないようです。

結局のところはチャート上に現れる人間のセンチメントを理解することにあるようです。

教材などの分析方法にも目新しいものが次々に出てきますが、販売ページなどで惑わされないように気をつけましょう。

 

The following two tabs change content below.
なかまる

なかまる

〇FX歴8年 〇20代前半に起業 〇ユニークな視点から相場を語る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. このパターンは多くの方が知っていると思いますが、実際にトレードで使っていますか? このパターン…
  2. このローソク足の組み合わせパターンも強力です。 メインの手法と組み合わせて積極的に取り入れてみ…
  3. 重要な節目近くで特に有効なローソク足のパターンをご紹介します。 これは応用するとかなり使えるパ…
  4. 次に天井といえばこれが有名ですよね。 ローソクの組み合わせではこちらも有名 このパターン…
  5. ローソク足の分析でFXでも通用すると思われるパターンをご紹介いたします。 まずは天井を示唆する…
  6. [su_heading style="flat-blue" size="22"]小陰線[/su_he…
  7. [su_heading style="flat-blue" size="22"]小陽線[/su_he…
  8. [su_heading style="flat-blue" size="22"]大陰線[/su_he…
  9. テクニカルの基本であるローソク足について解説してみたいと思います。 まずはローソク足単体での類…
  10. トレードは自由です…。 あらゆる制限を越えて向き合うことが出来ます。 ただし制限のない怖…

トレーダーのご紹介

FX教材ランキング

自動ラインツールで使えるのは?

ピックアップ記事

  1. [su_heading style="flat-blue" size="22"]何故トレードを行なう…
  2. 今回はカウンター(逆張り)を解説してみます。 ブレイクアウトそして押し目と戻りは順張り でしたが、…
  3. 最近ではコンピューターの普及によってマーケットが変化したと耳にしますが、本当でしょうか。 確か…
  4. 比較した結果
    前回の比較で感じたことからお話してみます。 前回の記事をご覧になっていない方は下記からどうぞ。…
  5. たとえすぐれて優秀な分析能力があったとしても、自身の心理をコントロールできなければ、決してうまくいか…
ページ上部へ戻る