Home / トレンドライン /

自動ラインツール ind-wso+wro+trendlineを検証! 

自動ラインツール ind-wso+wro+trendlineを検証! 

タク
by タク
Comments are off for this post.

以前ですが、自動トレンドラインツールの比較検証記事があります。
今回は、00-Lineman_v103を、タクがを検証してみました。

記事でご紹介しているラインツールの一括ダウンロードは以下よりどうぞ。

 

 

インジケーターの設定については以下の記事をご参照下さい。

このラインツールは6本のレジスタンスラインと6本のサポートライン、10本のトレンドラインを描写し、相場のトレンド状況や転換点を表します。
このインジケーターはWidners Oscilatorを元に描写されます。

タイトルのWSOはWidener Support Oscillator、WROはWidener Resistance Oscillatorのことで、ここでは計算式は示しませんがこの2つでサポートレジスタンスを引く位置を探っていきます。
トレンドラインはこのサポートレジスタンスの起点から描写されます。
一番直近のトレンドラインだけ色が変わります。

実際のチャート図で御覧ください
ind-wso+wro+trendline

赤ラインがサポートライン、青ラインがレジスタンスラインです。
このチャート画像では、全てのレジスタンスライン(青ライン)を上抜けていて、上昇の勢いが強いことが分かります。
「直近の上昇トレンドライン(右肩上がりのライン)を下抜けるまではロングを狙っていく」といった使い方ができます。

自動ライン「ind-wso+wro+trendline」の設定について

パラメーターの設定は2か所です。

実際のチャート図で御覧ください
ind-wso+wro+trendline

「nPeiod」は値を大きくすればサポートレジスタンスの間隔が大きくなります。デフォルトは「9」です。
「Limit」は指定した値までのローソク足で高値安値を探ります。この値は変更する必要はありません。デフォルトは「350」です。

自動ライン「ind-wso+wro+trendline」を使いこなすコツ

チャートを見て分析してみます。

実際のチャート図で御覧ください
ind-wso+wro+trendline

一番上の青ラインまで到達していて上昇傾向にあったものの、一気に上昇トレンドラインをブレイクして下落しました。ひとまず上昇の勢いは止まったと言えます。
下から3本目の赤ラインまで到達しています。全ての赤ラインをブレイクしたらトレンド転換だと言えます。(この時間軸では)
それでは、「nPeiod」を「30」に変更してみます。

実際のチャート図で御覧ください
ind-wso+wro+trendline

ラインの幅が広くなり、サポートレジスタンスの真ん中くらいに価格があります。
最後の上昇トレンドラインに支えられていますがサポートラインを1本ブレイクしました。
ロングかショートか、目線が定まりません。
「nPeiod」が「30」の場合は、大きな変動がない限りサポートレジスタンスの真ん中に位置することが多いので、デフォルトをおすすめします。

自動ライン「ind-wso+wro+trendline」のまとめ

このラインツールを使ってみて、環境認識にとても良いと思いました。

ラインの数が多いので、見逃しがちなサポレジもしっかり描写してくれます。

ただし、ラインが多いがために、迷いが生じてしまう可能性もあります。

しっかりと自分の見方を確立でき、たくさんのラインにも惑わされない人にはおすすめのラインツールです。

ぜひ一度使ってみてください。

Share this article

Comments are closed.