トレンドライン ブレイクアウト活用法 その2

様々なブレイクアウトパターン

今回はレンジ相場の様々なブレイクアウトパターンについて、ご説明いたします。

以前ご紹介したチャネルもそうでしたが、相場は一定の価格帯を推移するレンジを形成する場合があります。

レンジには色々なパターンがありますので、是非覚えてトレードに活用していきましょう。

  • ボックス

図①ユーロドル1時間足のチャートをご覧ください。

図①-実際のチャート図で御覧ください

10/14から9日間、1ユーロ1.18600ドルに接近すると売られ、1.17200ドルに接近すると買われています。

図①ではその時間帯を緑枠で囲っておりますが、このようなレンジ圏を「ボックス」と呼びます。

高値安値のブレイクアウトで説明したのと同様、ボックスも時間の経過とともに相場のエネルギー量は増加していきます。

ボックスをブレイクしローソク足が確定したことを確認できたら、勢いのある方向でポジションを保有するといったトレードプランを立てるのが、トレンドフォロー型では一般的です。

  • ペナント

続いて図②ドル円4時間足チャートをご覧ください。

図②-実際のチャート図で御覧ください

ペナントは、ボックスと違って前回の高値安値に到達することなく、時間を追うごとにその価格帯が狭くなっていきます。

チャートでは緑の線で示しておりますが、三角形のように価格帯がしぼんでいきますので、その形状からペナントと呼ばれております。

今回のチャートでは、1ドル110円をターゲットにするような値動きをしています。

ボックス同様、時間の経過とともに相場のエネルギー量は増加していきます。

しかしペナントの場合、ボックスと比較して、相場のエネルギーが蓄積されていくスピードが速い場合が多いです。

そのため、トレンドラインをブレイクしたときには、その値動きが早く、また値動き自体も大きくなる傾向があります(図②の水色の矢印)。

トレード中、ペナント相場に遭遇した場合は、とりあえずポジションを解消し、トレンドラインがブレイクされたことを確認してから、再度勢いのある方向でトレードする必要があります。

そうしなければ、誤った方向のポジションを保有していた場合、大きな損切りを余儀なくされてしまうでしょう。

The following two tabs change content below.
助ジロウ

助ジロウ

〇FX歴15年 〇テクニカル分析の知識が豊富 〇知人以外には教えていない独自分析がある

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. このパターンは多くの方が知っていると思いますが、実際にトレードで使っていますか? このパターン…
  2. このローソク足の組み合わせパターンも強力です。 メインの手法と組み合わせて積極的に取り入れてみ…
  3. 重要な節目近くで特に有効なローソク足のパターンをご紹介します。 これは応用するとかなり使えるパ…
  4. 次に天井といえばこれが有名ですよね。 ローソクの組み合わせではこちらも有名 このパターン…
  5. ローソク足の分析でFXでも通用すると思われるパターンをご紹介いたします。 まずは天井を示唆する…
  6. [su_heading style="flat-blue" size="22"]小陰線[/su_he…
  7. [su_heading style="flat-blue" size="22"]小陽線[/su_he…
  8. [su_heading style="flat-blue" size="22"]大陰線[/su_he…
  9. テクニカルの基本であるローソク足について解説してみたいと思います。 まずはローソク足単体での類…
  10. トレードは自由です…。 あらゆる制限を越えて向き合うことが出来ます。 ただし制限のない怖…

トレーダーのご紹介

FX教材ランキング

自動ラインツールで使えるのは?

ピックアップ記事

  1. 今まではブログで基礎的な勝つコツをお伝えしてきました。 ところが今回は少々違う角度からお伝えし…
  2. [su_heading style="flat-blue" size="22"]十字線[/su_he…
  3. トレンドと女性
    移動平均線でのトレードとライントレードではどちらが優秀でしょうか? …と思ったなかまるは、独断…
  4. トレードスタイルによる分析方法 私自身、ポジションの保有期間が1時間程度と短期間のトレーディングを…
  5. 分析方法の比較
    以前ブログにて書いたことですが、 FXを始めた際に多くの初心者さんは あまりトレードの勉強をしないの…
ページ上部へ戻る