Home / ローソク足分析 /

実践FXでのローソク足分析(大陽線)

実践FXでのローソク足分析(大陽線)

なかまる
by なかまる

テクニカルの基本であるローソク足について解説してみたいと思います。

まずはローソク足単体での類型です。

大陽線
基本の型
2014-07-27 15-56-38
FXでも注目される足ですが、基本的には上昇圧力の強い足といえます。

ヒゲの上下の長さによって解釈が多少変わります。

実体の大きさも注目ポイントとなります。

陽の丸坊主
2014-07-27 15-57-29
上ヒゲや下ヒゲのない大陽線のことです。

強い上昇を示唆している足といえます。

まだ大きく上昇する可能性があります。

陽の大引け坊主
2014-07-27 15-58-05
上ヒゲのない大陽線のことです。

強い上昇を示唆している足といえます。

まだ大きく上昇する可能性があります。

陽の寄り付き坊主
2014-07-27 15-58-21
下ヒゲのない大陽線のことです。

上昇を示唆しつつ警戒する足といえます。

上ヒゲの長さや高値圏での出現などは注意が必要です。

大陽線の実例サンプル

2014-07-27 16-58-44

2014-07-27 16-59-30

Share this article

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です