絶大!プライスアクションをチャートパターンに取り入れよう!

強力なプライスアクション活用法

チャートパターンの信頼度をより強力にしてくれるものがあります。
それが「プライスアクション」です。
プライスアクションとは、ローソク足の形で転換やトレンド継続のサインを表すものです。
プライスアクションはそれだけではあまり機能しませんがチャートパターンと組み合わせることによってチャートパターンの信頼度を大きく上昇させます。
それではプライスアクションのひとつ、ピンバーを紹介します。

チャート形状+ピンバーに注目せよ!

ピンバーは画像のように実体よりも長いヒゲがあるローソク足です。
これは相場の転換のシグナルになる可能性があります。
転換を示唆するチャートパターンであるダブルトップやヘッドアンドショルダーズと組み合わせるとより転換の可能性が高くなります。

ダブルトップの参考記事はこちら

ローソク足分析(FXに有効な天井のパターン①)

ヘッドアンドショルダーの参考記事はこちら

ローソク足分析(FXに有効な天井のパターン②)

それではピンバーの心理を見ていきます。
まずローソク足の始まりから強い上昇が始まります。
勢いが強いと買いが入りますが、高値を付けた後に下がっていきます。
そして始値を下回り、強い陽線を陰線に変えるほど売りが強いことがわかります。
買い方は焦って損切りし、売りの強さから新規の売りも入るので相場は下落していきます。
これがピンバーの心理です。

チャート形状+インサイドバーも使いこなせ!

他にもう一つ、プライスアクションのひとつ、インサイドバーを紹介します。

画像のように、前のローソク足の中に納まっているローソク足のことで、ハラミ足とも呼びます。
インサイドバーは、更に短い時間軸で見るとトライアングルパターンを形成していることが分かります。
心理的にもトライアングルパターンと同じで、買い方、売り方のポジションが貯まっている状態で、その後ブレイクアウトが起こります。
ダブルトップ、ダブルボトムなどの転換点でインサイドバーをブレイクすると転換の可能性が高くなります。

いかがでしたか?
プライスアクションは他にも色々なパターンがあるので調べてみてください。
何度も言いますが、プライスアクションだけでは機能しないことが多いので、チャートパターンの補助に使うイメージで使用してください。
より勝率の高いトレードを目指すならばプライスアクションを学ぶことが良いと思います。

アバター
About タク

○FX歴2年 ○短期間で高度なテクニカル分析を習得 ○わかりやすい解説を心がける

コメントする

Previous

この●●のポイントで反転する理由

損切り多発はウェッジかも?改善策をご案内

Next