勝利するチャートパターンの理由はご存知?

まずは基本チャートパターンの理解から

チャートパターン「ヘッド・アンド・ショルダー」です。
このパターンを覚えると天井や底で起きる心理から反転する可能性の高いポイントを予測することができます。

図のように両端が肩、真ん中が頭に見えることからこのような名前がつけられました。
日本では「三尊天井」と呼ばれています。

チャートパターンは人間心理の反映である

このチャートパターンではどのような心理が働いているのでしょうか?
右肩の部分を隠してみると、高値と安値を切り上げている上昇トレンドに見えますよね?
この段階では上昇トレンドなので、買っている人はまだ利益を確定したくないと思います。
ポジションを持っていない人も買いを考えているはずです。
ここで押しが入るのですが、これが前回の押しと同じ位の水準まで押しが入りました。
ここで少し、上昇トレンドに陰りが見えます。
そしてやばいと思った買い方の早めの利益確定などが入り、次に右肩で高値を切り下げてしまいます。
いよいよ上昇トレンドが終わるのではないか?と警戒します。
そして安値を切り下げてしまいます。(ネックラインのブレイク)
買い方は「もう上昇トレンドではなくなった」と利益を確定、または損切りで売り出します。
売り方も新規の売りで参入してくるので相場は売りに偏ります。
これがヘッド・アンド・ショルダーの心理です。
底でも逆の形で同じ心理が働きます。

誰でもチャートパターンで勝てるようになる

前回の記事(ダブルトップ・ダブルボトム)のように自分が買っていたらどう考えるのか、また売っていたらどう考えるか、を常に意識するようにすると自然とチャートの心理が読み取れるようになります。

前回の記事はこちら

このチャートパターン●●をひと目で判断できますか?

心理なんて考えてもわからない!という方も安心してください。
ほとんどわからないものなのです。
勝っている人は自分の知らない法則を知っている等考えがちですが、勝っている人でもわからない場面の方が多いです。
勝っている人は心理のわかるポイントを知っているだけなのです。
みなさんも常に心理を読むようにチャートを見続けていれば心理が見えてくるようになります。
ここで心理読みの基本であるチャートパターンをしっかり学んでください。

アバター
About タク

○FX歴2年 ○短期間で高度なテクニカル分析を習得 ○わかりやすい解説を心がける

コメントする

Previous

このチャートパターン●●をひと目で判断できますか?

レンジ攻略するならボックスパターンを学べ

Next