iPad版のメタトレーダーでトレードする方法

iPad版でのMT4を検証してみると?

iPadでトレードはスマホよりも快適でPCよりも手軽にできるか検証してみます。

この記事を見てiPadでのトレードを検討してみてはいかがでしょうか?

それでは、iPadとスマホ版との違いについてみていきましょう。

メリット

  • 画面が大きいのでチャートが見やすい
  • チャートを4枚まで同時に表示できる
  • ラインなどが引きやすいし見やすい

デメリット

  • 特になし

以上のように、スマホ版と比較してメリットは多々ありますが、デメリットはないと思います。

チャートは実践的なのか?

それでは見ていきましょう。

初期画面はこちらのようになっています。

色々なものが表示されていますが、自分好みにカスタマイズできます。

チャートだけを表示させるとこんな感じ。ほとんどPCに近いです。

チャートを2枚並べるとこんな感じ。

並べ方は右下で変更可能です。

4枚だとこんな感じ。

画面の切り替えや削除は右下で変更できます。

チャートをタップするとこの画面。

この円に必要なことがすべて詰まっていて、時間足の変更、設定の変更、クイック注文表示、インジケーター追加、ライン描写ができます。

インジケーターは実践的なのか?

インジケーターを追加して、移動平均線とRSI、MACDを表示してみました。

インジケーターも複数表示できます。

ラインを引いてみるとこんな感じ。

時間足を変えてもラインは消えません。

デザインも自由に変更できます。

ただ、スマホ版みたいな黒背景にはできないみたいです。

iPadトレード検証のまとめ

細かい操作などはスマホ版と同じなので、スマホで使用していた人はすぐになれると思います。

操作はスマホ版に近く、画面はPCに近い、大画面で直感的に操作ができるMT4という感じで、良いとこ取りのアプリとなっています。

おすすめなのでぜひ使ってみてください。

アバター
About タク

○FX歴2年 ○短期間で高度なテクニカル分析を習得 ○わかりやすい解説を心がける

コメントする

Previous

スマホ版のメタトレーダーだけでトレードを実践する方法