レンジ攻略するならボックスパターンを学べ

まずは基本を理解しよう

ボックスパターンは四角の中で価格が上下に行ったりきたりする状態のことで「レンジ相場」とも呼びます。
このパターンを覚えておけばエントリーポイント、利食い損切りポイントを明確に設定することができます。
利食いや損切りのポイントがわからないという方はぜひ参考にしてください。

ボックスパターン

上の図にあるボックスパターンは同じ価格帯で何度も止められているポイントを上下にいったりきたりします。

ボックスパターンの心理とは

それではボックスパターンの心理を見ていきます。
まず上で止められているところを見ていきます。これは「ここが天井だ」、「この価格は抜かれない」という心理で売りが集中していきます。この時、ダブルトップの形ができることが多いです。次に下を見ます。これは「ここが底になって上がっていく」、「この価格は固い」という心理で買いが集中していきます。こちらもダブルボトムができることが多いです。
そしてそれが続くとボックスの上下に行けば「この価格は抜けない」と考えられ、利食いが入り、反対方向の売買が行われるためさらに上下の価格帯は抜けづらくなります。
これがボックスパターンの心理です。

ダブルトップやダブルボトムはこちらをどうぞ

このチャートパターン●●をひと目で判断できますか?

ヘッドアンドショルダーははこちらをどうぞ

勝利するチャートパターンの理由はご存知?

実践するためのインスピレーション

長くボックスパターンが続くと、ポジションが貯まっていきます。
ポジションが貯まるとどうなるかというと損切り注文が貯まっていきます。
あなたならボックス相場での損切り注文はどこに置きますか?
もちろんボックスの少し外側に置きますね。
上下ともにボックスの外側に損切り注文が貯まっていき、いずれはボックスを抜け出します。
その時、抜けた側の損切り注文で大きくボックスを抜けていきます。
これが良く聞くブレイクアウトです。
損切り注文に加えてブレイクアウトを狙った新規注文も入るので、ブレイクアウトは価格が大きく値が動くチャンスです。
いかがでしたか?
ボックスパターンを覚えておけば止められる可能性の高い価格を予測することができるのでそこで仕掛ける、または利食い損切りを的確に実行することができます。
難易度が高いですがブレイクアウトを狙ったトレードも可能です。
ぜひチャートでボックスパターンを探してみてください。

アバター
About タク

○FX歴2年 ○短期間で高度なテクニカル分析を習得 ○わかりやすい解説を心がける

コメントする

Previous

勝利するチャートパターンの理由はご存知?

損切りが多い方のみ閲覧ください!トライアングル攻略

Next