ボリンジャーバンドの活用術

ボリンジャーバンドを実践で活用する方法

ボリンジャーバンドとは、の項目において、最後にご説明しましたばらつきのお話の続きです。

グループA(40、45、50、55、60)、グループB(30、40、50、60、70)それぞれにおいて、65という数字はどの程度特異な数値かを考えます。

Aグループは2σ≒14.2ですので-2σ~+2σの範囲は35.8~64.2、Bグループは2σ≒28.2ですので-2σ~+2σの範囲は21.8~78.2となります。

この分散の考え方を用いるとき、理論上-2σ~+2σの範囲に96%の分布が収まります。

つまり、65という数値はグループAでは4%という特異さ(トレンドの発生)で、グループBでは96%の範囲内に収まるもの(レンジ相場)と判断できるのです。

さて、ここまで理解していただいたうえで、トレンドフォロー型のトレードに活用する方法をご説明いたします。

エントリーのポイント

 

図①は前回ご紹介したドル円日足です。

図①-実際のチャート図で御覧ください

仕掛けとなるポイントは、+2σのラインを初めて上に抜けた地点で終値をつけたローソク足Pを確認したところです。

ここでトレンドの発生を想定し、点Qの1ドル105.800円で買いのポジションを保有します。

手じまいは、保有する時間が短いスタイルならローソク足が+2σから完全に離れた状態が確認できた点R1ドル112.000円(+620pips)、また保有する時間が長いスタイルならば、ローソク足P以降で初めて25本移動平均線を下に割り込んでローソク足が終了した点Sの115.400円(+960pips)となります。

ボリンジャーバンドは理論上-2σ~2σの範囲に96%のデータが収まります。

このことを知っている方は多いので、-2σ~2σの範囲から外れた4%の地点にデータの数値が表れたから、すぐに96%の範囲に戻ると考え、その方向のポジションを持ってしまうのです。

間違いではないのですが、その場合は逆張りでのトレーディングプランをあらかじめ策定していなければならないのです。

トレンドフォロー型の順張りでトレードするということは、トレンドは継続すること想定し、損切りの差額よりも利食いの差額を大きくするトレードをするということです。

損切りのポイント

最後に、損切りの場合の図②です。

図②-実際のチャート図で御覧ください

トレードは常に都合の良いことばかりではありません。
先ほど同様、ボリンジャーバンド-2σの範囲から外に出て終了したローソク足を確認後、点Xの1ドル112.600円で売りポジションです。

保有期間が短いスタイルならば-2σからローソク足が完全に離れた点Yの1ドル114.900円(-230pips)、長い場合は25本移動平均線を上に抜けて終了した点Zの1ドル113.800円(-120pips)でそれぞれ損切りとなります。

損切りは残念なことですが、このトレード結果によりトレンドが終息したこと確認できましたので、トレンドフォロー型のトレードはここで一旦終了となるのです。

The following two tabs change content below.
助ジロウ

助ジロウ

〇FX歴15年 〇テクニカル分析の知識が豊富 〇知人以外には教えていない独自分析がある

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. このパターンは多くの方が知っていると思いますが、実際にトレードで使っていますか? このパターン…
  2. このローソク足の組み合わせパターンも強力です。 メインの手法と組み合わせて積極的に取り入れてみ…
  3. 重要な節目近くで特に有効なローソク足のパターンをご紹介します。 これは応用するとかなり使えるパ…
  4. 次に天井といえばこれが有名ですよね。 ローソクの組み合わせではこちらも有名 このパターン…
  5. ローソク足の分析でFXでも通用すると思われるパターンをご紹介いたします。 まずは天井を示唆する…
  6. [su_heading style="flat-blue" size="22"]小陰線[/su_he…
  7. [su_heading style="flat-blue" size="22"]小陽線[/su_he…
  8. [su_heading style="flat-blue" size="22"]大陰線[/su_he…
  9. テクニカルの基本であるローソク足について解説してみたいと思います。 まずはローソク足単体での類…
  10. トレードは自由です…。 あらゆる制限を越えて向き合うことが出来ます。 ただし制限のない怖…

トレーダーのご紹介

FX教材ランキング

自動ラインツールで使えるのは?

ピックアップ記事

  1. 学習、計画、実践、振り返りのサイクル 文系の方にとって最も難しい資格といえば弁護士、理系の方にとっ…
  2. MACDとは MACDとはトレンド系テクニカル手法の一つで、2本の移動平均線を使ってラインの傾きや…
  3. 今回でいよいよ無茶な企画は一旦終了となります。 考えてみると副題にブレイク編といたしましたが、 …
  4. 移動平均線 オシレーター系と組合せ 以前、オシレーター系テクニカル指標の一つであるADXについて、…
  5. 最近よく耳にすることでリスクについて気になったので記事にします。 リスクは嫌い!と直感的に感じ…
ページ上部へ戻る