グランビルの買い法則

スランプですか?ならば移動平均線をおすすめします

トレードスタイルに目を向けてみよう 勝てない時やスランプと感じる状況、誰しも経験すると思います。 そんな時、理由は複数考えられますが、 まずはトレードスタイルに目を向けて改善を試みるのが最善です。 おすすめはシンプルに移 …

続きを読むスランプですか?ならば移動平均線をおすすめします

移動平均線で勝てますか?急所をお伝えします!

最もメジャーなインジケーター   株、 FX、 先物取引など、 どのような取引であれ、 トレードをするほとんどの方が、 チャートに表示させているのはローソク足、 そして移動平均線です。   ご存知の通 …

続きを読む移動平均線で勝てますか?急所をお伝えします!

トレード環境

FXに最適なトレード環境?まずはコレ!

没頭すべきは、ストレスのかからないトレード環境づくり   トレードをするためのツール、 特にテクニカル分析を中心に行うのなら、 環境づくりは重要と言えます。   少しでも自分にかかるストレスが少ない状 …

続きを読むFXに最適なトレード環境?まずはコレ!

わかりますか?マーケットで生き残るコツ

昔と変わらないからこそ、もとめられる能力とは?   金融商品取引のためのコストが激減したことは、 私たちにトレーディングをより一層身近にさせました。   取引コストの大幅な減少、 ネット環境の整備は、 …

続きを読むわかりますか?マーケットで生き残るコツ

えっ!あなたの知らないトレード状況

圧倒的なトレード環境の変化をご存知ですか? 二十世紀の後半まで、株式投資をはじめとした金融商品の売買は、 高すぎる手数料と大きすぎる売買単位のため、 日本においては、一部の資産家だけのものでした。 ターニングポイントが訪 …

続きを読むえっ!あなたの知らないトレード状況

損失?から『勝利』につながる3つの考え方

大きな流動性の裏側をご存知ですか? 様々なトレーディングプランがぶつかり合う理由をご存知ですか。 以前の記事「テクニカル分析に適した時間軸」の番外編です。 その記事の最後に、すべてのトレードにおいて利益を出すことは不可能 …

続きを読む損失?から『勝利』につながる3つの考え方

テクニカル分析に適した時間軸 その3

率の良いトレードを追求する 各々のトレーディングスタイルによって、エントリーポイントに違いは生じます。 しかし、仕掛けが地点A~Dのどこであれ、流動性が増す瞬間がわかっているなら、その値動きを確認してからというのが、トレ …

続きを読むテクニカル分析に適した時間軸 その3

テクニカル分析に適した時間軸 その1

テクニカル分析が有効に働く時間軸 これまでもテクニカル分析に関する手法を紹介する際、イメージとして捉えやすいように、実際のチャートと合わせて解説をしております。 ただ、それに用いられるチャートですが、その大部分は短めの時 …

続きを読むテクニカル分析に適した時間軸 その1

様々なテクニカル指標(オシレーター系) 移動平均乖離率 その3

トレンドの強弱を知る 前回までは、移動平均線と価格との距離を正確に把握する、ということをテーマに解説させていただきました。 https://kakak.net/fx39/ https://kakak.net/moving …

続きを読む様々なテクニカル指標(オシレーター系) 移動平均乖離率 その3

様々なテクニカル指標(オシレーター系) 移動平均乖離率 その2

距離を具体的に数値化させる   移動平均乖離率に関するテーマの続きです。 https://kakak.net/fx39/ まずは、前回の終盤に提示しましたドル円1時間足チャートからご覧ください。 チャート図1 …

続きを読む様々なテクニカル指標(オシレーター系) 移動平均乖離率 その2

トレードに対する心構え トレードに必要な資金 その4

投入すべき資金額を増減させるための手法に関するお話の続きです。 前回の内容では、どうなったら投入資金額を減額すべきか、そのポイントを解説いたしました。 減額手法を用いることで損失を回避する 前回説明したような減額手法を用 …

続きを読むトレードに対する心構え トレードに必要な資金 その4

熟練トレーダーになるための思考法 利益と知識と その1

勝つために必要な2つのポイント トレードに取り組むうえで、必要不可欠なことが2つあります。 一つは、トレードを通じて利益を上げ、資金を増やし続けること。 もう一つは、利益を上げ続ける(資金を増やし続ける)ために、知識を求 …

続きを読む熟練トレーダーになるための思考法 利益と知識と その1

様々なテクニカル指標(オシレーター系) 移動平均乖離率 その1

使いこなせば便利!移動平均乖離率 今回は、移動平均乖離率(かいりりつ)のご紹介です。 乖離率なんて難しい言葉が使われておりますが、要は、移動平均線とローソク足の終値が、どのくらい離れているか、ということを知るためのツール …

続きを読む様々なテクニカル指標(オシレーター系) 移動平均乖離率 その1

様々なテクニカル指標 一目均衡表の活用法 その7

遅行線はオシレーター的な性格を持ち合わせている  前回に続き、一目均衡表「遅行線」の活用法の解説です。 前回の最後で、相場にトレンドが発生しているかどうか、ということを知るのが重要だと書きました。 この文章を読んでいて「 …

続きを読む様々なテクニカル指標 一目均衡表の活用法 その7

様々なテクニカル指標 一目均衡表の活用法 その6

前回までは、基準線、転換線、先行スパン、これらの活用法を説明してまいりました。 今回からは、一目均衡表「遅行線」の活用法を解説いたします。 一目均衡表「遅行線」の活用法 ところで、遅行線とは何を示すものでしたでしょうか? …

続きを読む様々なテクニカル指標 一目均衡表の活用法 その6

トレードに対する心構え トレードに必要な資金 その3

投入する資金調整のタイミング 投入する資金額はコロコロと変更すべきではない、ということは「その2」で説明したとおりです。 とはいえ、永遠にトレードで投入する資金額を変更しない、ということではありません。 トレードを繰り返 …

続きを読むトレードに対する心構え トレードに必要な資金 その3

トレードに対する心構え トレードに必要な資金 その2

必要資金は安定したトレードを行うため 前回「その1」では、1トレードで投入する金額が仮に45万円だった場合、用意する資金は45万円だけではいけないこと、そしてトレードを繰り返し行うとき、1度に投入する資金をトレードするた …

続きを読むトレードに対する心構え トレードに必要な資金 その2

熟練トレーダーになるための思考法 トレードに有効な武器を持とう

準備なしでトレードに挑む結果 私の自己紹介でも書きましたが、トレードを始めて間もない頃、前日の株の値上がり率ベスト10を見て売買をするという、訳のわからないトレードばかりしていました。 初期の頃に行っていたそのような売買 …

続きを読む熟練トレーダーになるための思考法 トレードに有効な武器を持とう

様々なテクニカル指標 一目均衡表の活用法 その5

雲の表示は実践でどう影響するの? 「転換線、基準線を表示させたチャート」と「転換線、基準線に先行スパン付け加えて表示させたチャート」とでは、トレーディングにどのような差異があるのか、今回はこの案件について比較検証いたしま …

続きを読む様々なテクニカル指標 一目均衡表の活用法 その5