米雇用統計で勝てるのか?優位性を探ってみます

雇用統計を試してみる

 

あなたも指標発表時にトレードをしたことがありますよね?

おそらく誰もが一度はしたことがあり、多くの人は失敗した経験を持っていると思います。

急な値動きに対応できず損切りをしたり、FX会社によってはスプレッドが大幅に広がって損切りになったりなど指標でのトレードは悪い印象ばかり受けます。

次の動画をご覧ください。

リスクはチャンス?

しかし裏を返せば、大きな値動きが期待できるので、大きな収益のチャンスと見ることもできます。

もし指標でのトレードで利益をあげる方法があれば、それだけで大きなプラスをたたき出すこともできます。

 

過去の指標発表時の値動きから、なにか共通するパターンがないか仮説を立てながら検証していきたいと思います。

 

バックテストは定番ツールで!

今回はフォレックステスター3で雇用統計に絞ってみてみたいと思います。

指標予想と結果による動き方、変動幅など記録していきたいと思います。

 

次回は雇用統計の動きをみていきたいと思います。

アバター
About タク

○FX歴2年 ○短期間で高度なテクニカル分析を習得 ○わかりやすい解説を心がける

コメントする

Previous

移動平均線で勝てますか?急所をお伝えします!

スランプですか?ならば移動平均線をおすすめします

Next