今日から使える!メタトレーダー4

FX、はじめの一歩はチャート設定からです。

チャートはFXトレードを実践するなら、切っても切れないものになります。

そのチャートツールとして代表的なものがメタトレーダー4(MT4)です。

メタトレーダー4はMT4と略して呼ばれたりもします。

それではMT4を手早く導入する方法を解説いたします

まずはMT4をインストールしよう

 

こちらをクリックしてインストール

(または下記画像をクリック)

 

なお、MT4はスマホアプリでもリリースされていますので、AppStoreもしくはPlayストアからインストール可能です。

スマホ版の解説記事は以下からどうぞ

スマホ版MT4!最短で設定しよう

今回はPC版の画像を使って説明していきます。

URLをクリックすると、このような画面になります。

MT4を選択してWindowsまたはMacをクリックしインストール

 

※すでに証券会社に口座開設している方は、証券会社のHPからMT4をインストールしてください。

 

デモ口座開設またはログイン

 

MT4を開くとこんな画面が表示されます

左上のファイルから口座をすでに持っている方は【取引口座にログイン】をします。

左上のファイルから口座をすでに持っている方は【取引口座にログイン】

 

※まだ口座を持っていない方は、口座開設をする、もしくはファイルから【デモ口座申請】することも可能です。

使い方を手早く覚えよう

こちらの記事では簡易的な使用方法を説明します。

詳しい解説は以下の記事を参考にしてください。

素早く覚える!メタトレーダー4(MT4) 手早く使える設定にする

通貨を表示するには、左側にある通貨リストから表示したい通貨のとことで右クリック。

チャートを表示を選択することで開くことができます。

左側のリストから表示したい通貨を右クリック

 

その他ボタンの解説

図を参考に解説をお読みください

赤丸:時間足の変更ができます。

M1=1分足、M5=5分足、M15=15分足、M30=30分足

H1=1時間足、H4=4時間足、D1=日足、W1=週足、MN=月足

 

青丸:ここから新規注文をすることができます。

 

黄丸:ラインツール、フィボナッチなど

ここで垂直ライン、水平ライン、斜めライン、チャネルラインやフィボナッチなどを引くことができます。

 

チャートは自分の見やすいようにカスタマイズすることが上達の1ポイントになります!

配色を変えてみて、自分オリジナルのチャートを作ってみましょう。

インジケーター設定は以下の記事も参考にどうぞ

素早く覚える!メタトレーダー4(MT4) インジケーターを手早く設定

 

アバター
About 協力ライター

コメントする

Previous

米雇用統計で勝てるのか?優位性を探る Part4

スマホ版MT4!移動平均線は使えるの?

Next