スマホ版MT4!最短で設定しよう

スマホ版MT4の使い方

 

最近ではPCがなくてもスマホでFXトレードができる時代になってきました。

今回はFXをスマホでするために必要となるスマホ版メタトレーダー4(MT4)の使い方について紹介していきます。

 

まずはダウンロード

1、iPhoneの場合

 

AppStoreよりMT4をインストール↓

https://itunes.apple.com/jp/app/metatrader-4/id496212596?mt=8

 

2、androidの場合

 

PlayストアよりMT4をインストール↓

https://play.google.com/store/apps/details?id=net.metaquotes.metatrader4&hl=ja

インストールできましたら、アプリを開きます。

 

デモ口座の申請をしよう

 

1、アプリをひらくと、以下のような画面が表示されます。

(左上の【メニュー】をタッチし、【口座管理】を開きます)

 

2、右上の【プラスマーク】→【デモ口座を開設】

(すでにデモ口座を開設済みの方は、【証券会社を検索】のところから、デモ口座を開設した証券会社を検索し、ログインしてください)

 

3、まだデモ口座を開設しておらず、ひとまず使ってみたいというかたは、MT4のデモ口座を開設しますので、【MetaQuotes-Demo】をタッチします。

詳細を記入していきます。

・名前

・電話

・Eメール

 

・口座タイプについては【forex-ipy】を選択。これは円建て口座という意味です。

・レバレッジは1:100のままデモは良いかと思います。

・証拠金はデモで最初に持つ資金量を示します。これは好き金額で大丈夫です。

もちろんそのままでも大丈夫です。

 

お疲れ様でした。

設定しましたら、下にある【口座開設】をタッチしますと、デモ口座が開設できます。

 

いよいよインジケーターの設定ですよ!

 

インジケーターの設定は、チャートが表示されている画面の上部分、【f】をタッチします。

 

メインチャート横の【f+】をタッチすると、トレンド、オシレーター、ボリュームのインジケーターを選択することができます。

 

以下のようにさまざまなインジケーターが使えます。

インジケーターを選択すると、詳細にパラメーターや配色の変更ができます。

右上の完了を押すことでチャートにインジケーターを表示することができます。

 

 

各ボタンの説明

 

1、気配値

 

これは主に通貨が表示される画面になります。

ここから通貨を選択することができます。またほかの通貨を追加したり、減らしたりすることも可能です。

 

通貨を追加する場合は右上のプラスボタンから、並び替えをしたり、通貨を減らしたい場合は右上の鉛筆ボタンから可能です。

 

2、チャート

 

以下の画面でチャートの動きを確認することができます。

 

上記にある画像のボタン説明です

1、十字のラインを表示することができます

2、インジケーターを追加

3、通貨の変更

4、時間足の変更

5、新規注文

 

3、トレード

 

ここでは残高や証拠金、維持率、そして現在持っているポジションを確認することができます。

4、全てのシンボル

 

ここでは損益の確認ができます。

右上のカレンダーマークを押すと、今日、先週、先月、最近3か月、期間設定で期間ごとの履歴が確認できるようになっています。

 

5、ニュース

特に使いません

 

6、チャット

特に使いません

 

 

新規注文方法です

 

チャートの画面の右上のマークを押します。

以下画像は下の文章と照らし合わせください

1、注文方法

ここから成行注文もしくは指値・逆指値注文ができます。

2、枚数

ポジションの枚数を選択できます

3、指値、逆指値

左が損切りしたい価格、右が利確したい価格を入力することで自動で決済してくれるようになります。

4、売買

SELL 今の価格よりも下がると思えばこちらを選択します

BUY 今の価格よりも上がると思えばこちらを選択します

 

 

いかがでしたでしょうか。

スマホでMT4を使用されていない方は、簡単に設定できますのでおすすめです。

 

 

アバター
About 協力ライター

コメントする

Previous

米雇用統計で勝てるのか?優位性を探る Part2

米雇用統計で勝てるのか?優位性を探る Part3

Next