ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析はどちらが優秀なの?

トレードの中でも株式投資でトレードしている人ほどファンダメンタルズを重要視する傾向があるといわれています。

例えば経済に関するデータがあると価格予測や真の価値を判断する材料はないかと注視します。
為替においても注目はされますが、どちらかというとテクニカル分析を主体にしてトレードする方が多いようです。

どっちが優秀なの?

それぞれの違いに関しては多くの視点があると思いますが、誤解を恐れずに簡略化すると次のように感じます。

ファンダメンタルズ分析でのトレード
今のデータを参考にして未来を予測する
テクニカル分析でのトレード
過去の値動きやパターンを参考にして未来を予測する

どちらの分析も優れた点はありますが直接的にデータを分析するのかパターンの出現確率を分析するかの違いでしょうか。

ちなみに…

ジム・ロジャースはテクニカル分析を信用していないので次のようなコメントを残しています。
「私は金持ちのテクニカル派にはお目にかかったことがない」
それに対して並外れた相場観の持ち主であるマーティー・シュワルツは次のように述べています。
「『私は金持ちのテクニカル派にお目にかかったことがない』と言う人を見るとおかしくて仕方がないね。」
シュワルツはもともとファンダメンタルズ分析で9年間ほどトレードをしていましたが、テクニカル分析のトレードに転向してから成功しています。

今でもどちらの分析が優れているのか議論はつきませんが、世界的に成功しているトレーダーを見ると併用している場合が多いようです。

まずはファンダメンタルズで大きな方向性を予測する。
そしてテクニカル分析でタイミングを計ってエントリーし決済をする。

結局はどちらが優秀なのかは答えがないのに問い続けることになるようです。

まとめ

個人的にはテクニカル分析を活用したほうがはっきり言って勝つまでの道のりは早いと思います。

管理人なかまるは一般書籍で学んできましたが安定するまでにかなりの時間を要しました。
最近になって情報商材にはとても優れた教材がある事を知って「ずいぶん遠回りをしたなぁ」と思います。

ちなみになかまるが優れていると思う教材はこちらにランキングにしました。
テクニカル分析で学ぶならランキング上位の教材はお勧めです。
素早く再現性のある手法が学べます。

どんなトレード方法でも重要なこと
性格に会わないトレード方法では勝ち続けることはとても難しいことです。
そして勝ち続けるにはマネーマネジメントは無視できないです。

ファンダメンタルズを分析するにしろテクニカル分析でトレードを行うにしろ自分の性格にあった手法で資金管理をきちんとすることですね。

アバター
About なかまる

〇FX歴8年 〇20代前半に起業 〇ユニークな視点から相場を語る

コメントする

Previous

移動平均線についての考え方

トレード開始時に陥りがちな罠とは

Next