トレンドライン ブレイクアウトの注意点

トレンドラインのブレイクについて

高値安値のブレイク、ボックス、ペナントなど、様々なトレンドラインのブレイクについて説明してきました。

どれもトレーディングの勝率をあげるためには、正しく理解して正しく活用することがとても大事になります。

しかしながら、ブレイクアウトの知識を正しく理解いていたとしても、自分自身のトレーディングプランが定まっていないがために、相場の状況によっては誤った使い方をしてしまうことがあるのです。

絶対にしてはならないこと

ここからが大事なお話になるのですが、ブレイクアウトによるトレードで絶対にしてはならないことがあります。
それは、トレードを早まってポジションを保有してしまうということです。
どういうことなのか、目で確かめた方がわかりやすいでしょうから、図で確認してみましょう。

図①-実際のチャート図で御覧ください
トレンドラインブレイクアウト

図①はユーロドル日足のチャートです。
1ユーロ1.10000ドルを少し越えたところで高値を、1ユーロ1.05000ドルで安値をつけてボックスが形成された相場でした。
「ボックス」項目でも説明しましたが、相場がボックスを形成した場合、そのボックスの価格帯を抜けたことを確認してから、勢いのある方向でポジションを保有しなければいけません。
これは前回も説明したとおりです。
トレーダーが頻繁にしてしまう間違いに、実際には起こっていないブレイクアウトを期待してしまうことがあります。

ここで、地点Xに注目してください。
地点Xは1ユーロ1.05600ドルと前回の安値1.05000ドルをまだブレイクしていません。
ローソク足が6本連続で陰線をつけておりますし、この時点では確かに下方向への強さを感じられます。
前回安値がブレイクされていないにもかかわらずブレイクを期待し、この地点Xで売りポジションを保有した場合どうなるのでしょう?

続きを図②で確認してみましょう。

図②-実際のチャート図で御覧ください
トレンドラインブレイクアウト

地点Xの値をつけた後に価格は上向きへ反転し、しまいにはボックスの上値を形成していた1ユーロ1.10000ドルを抜けてローソク足が確定されました。
その後は見ての通り、高値だった1.10000ドルが下ざさえの価格となり、ボックスをブレイクしてからは1ユーロ1.10000ドルを割ることはありませんでした。
ボックスの項目で説明した通りのトレーディングプランでしたら、地点Aの価格で買いポジションを持つべきことはおわかり頂けるでしょう。

マーケットの参加者は、みな一様に利益を出そうと必死

利益を出したい気持ちが前に出すぎてしまい、他のマーケットの参加者を出し抜こうとして早く仕掛けてしまうと、結局は裏目に出てしまうことが多いのです。
結局は、相場の動きを確認してから仕掛けるような後だしジャンケン的な手法が、資金を増やし続けるためには重要なことなのです。

The following two tabs change content below.
助ジロウ

助ジロウ

〇FX歴15年 〇テクニカル分析の知識が豊富 〇知人以外には教えていない独自分析がある

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. このパターンは多くの方が知っていると思いますが、実際にトレードで使っていますか? このパターン…
  2. このローソク足の組み合わせパターンも強力です。 メインの手法と組み合わせて積極的に取り入れてみ…
  3. 重要な節目近くで特に有効なローソク足のパターンをご紹介します。 これは応用するとかなり使えるパ…
  4. 次に天井といえばこれが有名ですよね。 ローソクの組み合わせではこちらも有名 このパターン…
  5. ローソク足の分析でFXでも通用すると思われるパターンをご紹介いたします。 まずは天井を示唆する…
  6. [su_heading style="flat-blue" size="22"]小陰線[/su_he…
  7. [su_heading style="flat-blue" size="22"]小陽線[/su_he…
  8. [su_heading style="flat-blue" size="22"]大陰線[/su_he…
  9. テクニカルの基本であるローソク足について解説してみたいと思います。 まずはローソク足単体での類…
  10. トレードは自由です…。 あらゆる制限を越えて向き合うことが出来ます。 ただし制限のない怖…

トレーダーのご紹介

FX教材ランキング

自動ラインツールで使えるのは?

ピックアップ記事

  1. トレンドの強弱を把握していますか? 前回「その3」では、文章の最後に不要だったトレードの答えだ…
  2. チャートのイメージ画像
    自動で引かれるトレンドラインのツールを1時間足と5分足で比較してみました。 参考記事⇒自動トレ…
  3. 自己規律の重要性 自己規律・・・ 理解はしても実践するのが難しい。 自己を律するのは大変で…
  4. 重要な節目近くで特に有効なローソク足のパターンをご紹介します。 これは応用するとかなり使えるパ…
  5. 相場の4局面 トレードの成否に不可欠な認識があります。 当たり前のようですが、 現在の…
ページ上部へ戻る