米雇用統計で勝てるのか?優位性を探る Part3

指標トレードのメリットは?

アメリカの雇用統計発表は大きく動きます。

値動きが大きいだけリスクが大きくなります。

(もちろんリワードも)

 

そこで、検証ツールで優位性を発見できるのか!が今回のテーマです。

まずはオーソドックスに検証してみました。

 

一瞬(に近い時間)でトレードの結果がわかります。

優位性を発見できれば、あなた(失礼)の聖杯探しに終止符が打てるかも。

 

楽しみながら検証をしたので、どうぞ御覧ください。

(検証ルールは前回記事を御覧ください

雇用統計の検証動画

まずは以下の動画をご覧ください


検証の続きはこちら

さらに検証動画です

最後の検証動画になります

 

検証して感じたこと

雇用統計の値動きは検証してても面白いですね。

チャートは人の心理が現れたものですが、

雇用統計のような指標発表後のチャートからは生々しさを感じます。

次回の記事では、そのあたりも含めて雇用統計(指標トレード)について

考察してみたいと思います。

 

まだ前回までをご覧になっていないのであれば以下を御覧ください。

米雇用統計で勝てるのか?優位性を探ってみます

実際のテスト方法はPart2の動画で説明していますが、

米雇用統計で勝てるのか?優位性を探る Part2

アバター
About タク

○FX歴2年 ○短期間で高度なテクニカル分析を習得 ○わかりやすい解説を心がける

コメントする

Previous

スマホ版MT4!最短で設定しよう

米雇用統計で勝てるのか?優位性を探る Part4

Next